エンド・オブ・ウォッチ

これがリアルなロサンゼルス警察24時

ロサンゼルスの重犯罪多発地区を舞台に、パトロール警官たちの死と隣り合わせの日常と熱い友情をリアルに描いたポリスアクション。サウス・セントラル地区を担当する白人巡査ブライアン・テイラーとその相棒であるメキシコ系巡査ザバラ。結婚を間近に控えたブライアンは携帯型ビデオカメラを持ち歩き、自分の仕事を撮影しながら勤務を行っていた。パトロール中に思いがけずメキシコ麻薬カルテルの秘密に触れてしまった2人は、組織から命を狙われるようになり…。

原題:End of Watch / 製作:アメリカ(2012年) / 日本公開日:2013年8月17日 / 上映時間:109分 / 製作会社:StudioCanal / 配給:プレシディオ

★【スタッフ】
監督:デビッド・エアー
脚本:デビッド・エアー
撮影:ロマン・バシャノフ
音楽:デビッド・サーディ

★【キャスト】
ジェイク・ギレンホール、マイケル・ペーニャ、アナ・ケンドリック、ナタリー・マルティネス、ハイメ・フィッツシモンズ、フランク・グリロ、アメリカ・フェレーラ、クリー・スローン、コディ・ホーン、デヴィッド・ハーバー、モーリス・コンプト

【無料動画】

『エンド・オブ・ウォッチ』予告編

『エンド・オブ・ウォッチ』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●映画の無料動画で夢心地(2016年1月8日) 
ファウンドフッテージという手法を巧く使った作品としてはトップクラスだと思います。危険地区に於けるLA警察の実情を文字起こしではなくモキュメンタリーのライド感を以って体感させるとは。この手際は見事である。治安の悪い地区の犯罪をまざまざと見せつけられるし、そこで仕事している治安を守る警察官の死と隣り合わせな任務がリアルで恐ろしい。というか、こんな現場で働くなんて正気の沙汰じゃない。戦場の軍人以上に酷い恐怖だった。
●SPACEMOV (2016年1月26日) 
治安は異常なまでに悪く、起きる犯罪も重大で深刻なのに、パトロール中の2人の会話は高校生が下校中に話すような長閑さで大丈夫かと思ったけど、案の定、大丈夫じゃなかった。そんなクレイジーな世界をインターンシップ感覚で体験できる。ビデオカメラと制服に取り付けたピンカメラで撮影している風の画づくりがいい塩梅で見やすく、そこまでリアリティに徹さず時々第三視点でのアングルが入るので、観やすいので、気軽にオススメします。
●DAILYMOTION (2016年4月22日) 
臨場感、緊張感がビシビシと伝わってくるドキュメンタリー風の映画です。アメリカの中でも治安がとても悪いとされるロサンゼルスで2人の警察官が功績をあげていくも、それは悲劇の階段でもあって。原題は警官たちが使うスラング。意味を知っていれば結末が見えちゃうけど、オチ自体は普通というか、そうなるよねという最後です。それよりもその過程を描く流れが上手いのですよ。マイケルペーニャの演技とか風貌が個人的には大好きです。