アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー

アイリス・アプフェルの全てに迫ったドキュメンタリー

原題:Iris
製作:アメリカ(2014年)
日本公開日:2016年3月5日
上映時間:80分
製作会社:
配給:KADOKAWA
製作費:
興行収入:

★【評価】
98% Rotten Tomatoes

インテリアデザイナー、実業家などさまざまな肩書きを持ち、ファッションアイコンとしてニューヨークのカルチャーシーンに影響を与え続けるアイリス・アプフェルの成功の秘訣や魅力に迫ったドキュメンタリー。1950年代からインテリアデザイナーとして活躍し、ホワイトハウスの内装を任され、ジャクリーン・ケネディを顧客に持つなど、輝かしいキャリアを誇るアイリス。そんな彼女の展覧会や老舗百貨店でのディスプレイ企画、売り切れ続出となるテレビショッピングなどに密着し、自由で楽しく生きることとサクセスを両立させたアイリスの魅力が描かれる。

★【スタッフ】
監督:アルバート・メイズルス
撮影:アルバート・メイズルス

★【キャスト】
アイリス・バレル・アプフェル

【無料動画】

3/5公開『アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー』予告編

3/5公開『アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年4月10日) 
こんな風に年齢を重ねていきたいという理想が詰まっているドキュメンタリーでした。人生の教訓になるような言葉がたくさんあります。好きな言葉はやっぱりこれ。「全然美人になりたくないし、むしろ美人じゃなくてよかった、顔で生きてきた人は年をとったら何も残らない」本当にそのとおりだと思う。結局、表面上だけで生きてきても最後に残るのは虚しいだけ。大事なのは内面で何を成長させていくかなんですよね。観て良かったと心から思います。
映画FUN (2016年4月11日) 
こんなにオシャレで現役感たっぷりの94歳貴婦人がこの世にいるなんて信じられるだろうか。一見彼女の選ぶスタイルは今の時代には古く見えそうなのだが、実際に着てみたら誰も真似できない洗練さがそこにはある。まさにアイリスマジック。「すべては手に入らない」とハッキリ断言し、子どもを持たない人生を選んだ彼女の潔さ含め、この映画には働く女性が学ぶべきレッスンが沢山詰まっている。他者を気にする必要はない。自分らしく生きよう。
OPENLOAD (2016年4月12日) 
常に新しいコーディネートを探求し、一瞬たりとも人生を無駄にしない仕事人間のアイリス。買い物に行くと、同行した夫を置いてきぼりで、じっくり洋服を選びしっかり値切る庶民派アイリス。ファッションを語るときは少女のようだけど、人生観を語るときは鋭い目を見せる深みのあるアイリス。彼女のことは以前から気になっていたけれど、予想をはるかに超えて魅力的な超人でした。「なぜ子供を持たなかったのか」という質問への答えに涙しました。
STREAMIN (2016年4月16日) 
本当に好奇心に溢れたおばあちゃんで私もこんな風になりたい、こんな夫婦になりたいと思ってしまう。これからのお手本にしようと決めました。「お年寄り」というネガティブなイメージは欠片もない、可能性と挑戦心に溢れた姿は元気がもらえるし、日本のような高齢化社会でもお手本にすべきです。個性的で成功した実業家なのに他を否定しない姿勢も素晴らしく、この包容力が彼女を「アイリス・アプフェル」として成立させているのだろうな。