さらば あぶない刑事

泣くなよ絶対。とびきりハデにいくぜ

1986年のテレビドラマ第1作以来、長らく愛され続けている「あぶない刑事(デカ)」の劇場版第7作。2005年の前作「まだまだあぶない刑事」以来およそ10年ぶりに製作された新作で、定年退職まであと5日となったタカ&ユージが、凶悪な中南米マフィアとの戦いに立ち向かう姿が描かれる。横浜港署捜査課刑事のタカこと鷹山敏樹とユージこと大下勇次は、定年退職を5日後に控えていたが、2人だけでブラックマーケットを襲撃するなど、まだまだ暴れ放題。そんな中、2人が追っていた新興ヤクザ幹部の伊能が惨殺死体となって発見される。各国マフィアが入り乱れるブラックマーケットを仕切っていた伊能が殺されたことで、危うく保たれていたマフィアたちの均衡は崩壊しはじめ、そこへ中南米の凶悪な犯罪組織BOBが横浜に進出してくる。

原題:さらば あぶない刑事 / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年1月30日 / 上映時間:118分 / 製作会社:セントラル・アーツ / 配給:東映 / 前作:『まだまだあぶない刑事』

★【スタッフ】
監督:村川透
脚本:柏原寛司
撮影:仙元誠三
音楽:安部潤

★【キャスト(キャラクター)】
舘ひろし(鷹山敏樹)、柴田恭兵(大下勇次)、浅野温子(真山薫)、仲村トオル(町田透)、吉川晃司(キョウイチ・ガルシア)、菜々緒(浜辺夏海)、木の実ナナ(松村優子)、小林稔侍(深町新三)、ベンガル(田中文男)、山西道広(吉井浩一)、伊藤洋三郎(岸本猛)、長谷部香苗(山路瞳)、夕輝壽太(ディーノ・カトウ)、吉沢亮(川澄和則)、入江甚儀(石黒達也)、片桐竜次(奥西)、海一生(竹田敬三)、衣笠拳次(谷村進)

【無料動画】

「さらば あぶない刑事」予告編

「さらば あぶない刑事」予告編

(C)2016「さらば あぶない刑事」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

映画フリー (2016年1月30日) 
最後のあぶ刑事シリーズ。このノリで2016年に映画が作れること自体がひとつの奇跡ではないかとさえ思う。昭和っぽさと呼んでいいのか、いい感じに気の抜けた、それはないだろみたいな展開や行動の数々。それがもうたまらなく、魅惑的で。日本には昔のあのとりあえず面白ければいいや精神のクリエイティブ根性がまだ残っているのかと。こういう邦画を作れる以上は、まだまだ日本の映画業界は安泰です。どういう意味で無事なのかは保証できないが。
BILIBILI (2016年2月1日) 
おじさんの魅力バリバリ。古臭くてもいい。ダサくてもいい。時代遅れでもいい。俺は俺のやり方を通す。それがクールでしびれる。舘ひろしと柴田恭兵のシニアバッドボーイズ。いや、バッドオッサンズ。ストーリーはシリアスな感じですが、タカとユージの掛け合いなどあぶない刑事特有のノリは健在で面白いです。ご安心ください。あまり真面目に彼らに付き合わないであげてください。どうしようもないバカ友達みたいな関係性でいいですから。