ブリッジ・オブ・スパイ

スピルバーグが戦時下の信念を描くドラマ

スティーブン・スピルバーグ監督による、1950~60年代の米ソ冷戦下で起こった実話を描いた重厚なサスペンスドラマ。保険の分野で着実にキャリアを積み重ねてきた弁護士ジェームズ・ドノバンは、ソ連のスパイとしてFBIに逮捕されたルドルフ・アベルの弁護を依頼される。敵国の人間を弁護することに周囲から非難を浴びせられても、弁護士としての職務を果たそうとするドノバンと、祖国への忠義を貫くアベル。2人の間には、次第に互いに対する理解や尊敬の念が芽生えていく。死刑が確実と思われたアベルは、ドノバンの弁護で懲役30年となり、裁判は終わるが、それから5年後、ソ連を偵察飛行中だったアメリカ人パイロットのフランシス・ゲイリー・パワーズが、ソ連に捕らえられる事態が発生。両国はアベルとパワーズの交換を画策し、ドノバンはその交渉役という大役を任じられる。

原題:Bridge of Spies / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開日:2016年1月8日 / 上映時間:142分 / 製作会社:タッチストーン・ピクチャーズ、ドリームワークス / 配給:20世紀フォックス / 製作費:4000万ドル / 興行収入:1億6540万ドル

★【スタッフ】
監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:マット・シャルマン、イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:トーマス・ニューマン

★【キャスト】
トム・ハンクス、マーク・ライランス、スコット・シェパード、エイミー・ライアン、セバスチャン・コッホ、アラン・アルダ、オースティン・ストウェル、ミハイル・ゴアボイ、ウィル・ロジャース

【無料動画】

映画『ブリッジ・オブ・スパイ』予告A(120秒)

映画『ブリッジ・オブ・スパイ』予告A(120秒)

©2015 DREAMWORKS II DISTRIBUTION CO., LLC and TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
91% Rotten Tomatoes
3.8 / 5.0 映画.com
3.94 / 5.00 Yahoo!映画
3.8 / 5.0 Filmarks

第88回アカデミー賞で助演男優賞を受賞。

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。
町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩による映画評論。

●映画フリー (2017年1月16日) 
どこの国でもどの時代でも同じ反応があるのですね。何かをしようとする人に対してそんなのは反愛国だ!と怒る人たち。それでも信念を貫く男の物語がこれです。敵国を助けるのかという問題に対して、それよりもはるか先の未来を見据えている主人公。ラストシーン。電車の窓から、フェンスを乗り越える遊びに興じる子どもたちに視線をむけるところも見事。彼が見ているのはいつも未来だということを端的に示す、これ以上ないスマートさです。
●FANDANGONOW (2017年3月12日) 
さすが巨匠、完成度が高く品格があります。安易にアクション的なド派手さを出さないのも偉い。U-2が撃墜される際のダイナミックな映像だけで、後は淡々としているドラマの中で政治における本当に大切なものに気づかせてくれる。絵的なドキドキを提示するのではなく、この信念は貫けるのかというハラハラを提供している。そこに注目すればこの映画のサスペンスを理解できるだろう。トムハンクスの凄さを何度目かは知らないが再確認です。
スピルバーグ

★【スティーヴン・スピルバーグ監督作 を総復習!】

  • 『激突!』(1971年)
  • 『続・激突! カージャック』(1974年)
  • 『ジョーズ』(1975年)
  • 『未知との遭遇』(1977年)
  • 『1941』(1979年)
  • 『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981年)
  • 『E.T.』(1982年)
  • 『トワイライトゾーン 超次元の体験』(1983年)
  • 『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』(1984年)
  • 『カラー・パープル』(1985年)
  • 『太陽の帝国』(1987年)
  • 『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』(1989年)
  • 『オールウェイズ』(1989年)
  • 『フック』(1991年)
  • 『ジュラシック・パーク』(1993年)
  • 『シンドラーのリスト』(1993年)
  • 『ロスト・ワールド ジュラシック・パーク』(1997年)
  • 『アミスタッド』(1997年)
  • 『プライベート・ライアン』(1998年)
  • 『A.I.』(2001年)
  • 『マイノリティ・リポート』(2002年)
  • 『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(2002年)
  • 『ターミナル』(2004年)
  • 『宇宙戦争』(2005年)
  • 『ミュンヘン』(2005年)
  • 『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』(2008年)
  • 『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』(2011年)
  • 『戦火の馬』(2011年)
  • 『リンカーン』(2012年)
  • 『ブリッジ・オブ・スパイ』(2015年)
  • 『BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(2016年)
  • 『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』(2017年)
  • 『レディ・プレイヤー1』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする