グレート・プラネット

撮影技術賞を受賞したドイツのネイチャードキュメンタリー

原題:DAS GRUNE WUNDER – UNSER WALD(THE GREEN PLANET)
製作:ドイツ(2012年)
日本未公開:
上映時間:90分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

「世界自然・野生生物映像祭2013」で撮影技術賞を受賞したネイチャードキュメンタリー。陸地の約3割を占め生物種の宝庫と呼ばれる森林を舞台に、駆け抜けるアカシカ、キツネの子育て、ネズミを狙うスズメバチ、キノコの繁殖スピードなど動植物が生きる未知の世界を捉える。

★【スタッフ】
監督:ジャン・ハフト
脚本:ジャン・ハフト、ガーウィグ・ラウィツキー

★【キャスト】
デヴィッド・キーホー

【無料動画】

『グレート・プラネット』予告編

『グレート・プラネット』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2017年3月24日) 
映像に魅せられた。「世界自然・野生生物映像祭2013」で撮影技術賞を受賞したネイチャードキュメンタリー。陸地の約3割を占め生物種の宝庫と呼ばれる森林を舞台に、キツネの子育て、ネズミを狙うスズメバチ、キノコの繁殖スピードなど動植物が生きる未知の世界を捉える。我々が普段目にすることのない自然の景色は新鮮な感動を与え、逆に我々が普段目にしている自然の景色は全く違う様相を見せる。地道な努力や労力が伺える観察映像はスローモーションとコマ撮り撮影により、動植物がみせる今まで体験したことないファンタジーの様で、はたまたドラッギーな魅惑でいて不思議な映像世界が広がっていた。
名無しさん(2017年9月17日) 
「グレート・プラネット」はドイツのドキュメンタリーだ。お国柄も出ているのだろうが、あまりよくわからない。動物ドキュメンタリーは多いと思うが、こちらは動物の他に植物の紹介もいている。自然界の生態が忠実に再現されている。この映画には捕らえた獲物を貪るシーンがない。ネイチャードキュメンタリーでは珍しい気もするが、あまり嫌な気持ちがしないので、自然界の生態だけを見たいのならばこの映画は見る価値があると思う。音楽が良かった。その場面に適した音楽が使われている。雫が落ちる所などの効果音もつけられていて自然の中にいるかの演出が良かった。