メン・イン・キャット

メン・イン・キャット

ケヴィン・スペイシー、ネコになる

ケヴィン・スペイシーがネコを主演する異色のコメディ。とある大企業の社長の男は、仕事ばかりで家族は放置気味だった。そんななか愛する娘の誕生日、本当はネコ嫌いなのだが娘の願いということでネコをプレゼントしようと立ち寄ったペットショップ。そこで気がつくと彼はネコになっていた…。

原題:Nine Lives / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2016年11月25日 / 上映時間:87分 / 製作会社:Fundamental Films、EuropaCorp / 配給:アスミック・エース / 製作費:3000万ドル / 興行収入:4420万ドル

【無料動画】

映画『メン・イン・キャット』特別動画「君のニャは。」編ほか

(C)2016 - EUROPACORP - All rights reserved


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:バリー・ソネンフェルド(関連作品:『メン・イン・ブラック3』)
脚本:グウェン・ルーリー、マット・R・アレン、ケイレブ・ウィルソン、ダニエル・アントニアッツィ、ベン・シフリン
撮影:カール・ウォルター・リンデンローブ
音楽:エフゲニー・ガルペリン、サーシャ・ガルペリン

★【キャスト】
ケヴィン・スペイシー、ジェニファー・ガーナー、マリーナ・ワイズマン、クリストファー・ウォーケン、テディ・シアーズ、シェリル・ハインズ、タリタ・ベイトマン、ジェイ・パターソン、サージ・ホード、マーク・カマチョ

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
名優ケヴィン・スペイシーが、映画のほぼ半分をアフレコで、しかも猫になるという異色さが愉快でした。誰でも気軽に大笑いできるファミリー映画です。くすくす笑える王道エンタメですし、タイトルもわかりやすいという非常に嬉しい一作で、好きなように気軽に見れるので、誰とも鑑賞することができます。もちろん猫が苦手な人は例外ですが。といっても主人公も猫嫌いなので、もしかしたらこれをきっかけに猫好きに…それはないかな。
●映画フリー 
猫が可愛いです。コミカルに動いている姿をずっと見ているだけで楽しめる作品だと思います。本物の猫も使っていますが、ところどころCGを利用しているので、結構むりくりな動きをしている猫が見られる。人間側もいい。クリストファー・ウォーケンの怪しい役のハマりっぷり。女の子も可愛い。猫の皮を被ったオッサンの話。中身が人間な猫のトリッキーな動きで笑わせようとしすぎているので、あまりリアルを気にせず、アニメ感覚で見よう。
●STREAMIN 
メンインブラックと同じ監督らしいけど、コメディ度はこちらの方が強め。ほぼドタバタギャグで、猫の描写もアレンジがきいてオーバーになっている。ケヴィンスペイシーが猫になるって設定だけが見所として、全開で押してくる。しかし、そのケヴィンスペイシーが過去の性犯罪行為で映画界を追放されたことで、この作品もすっかり黒歴史に。今からでも別の俳優に置き換えよう。結構面白い俳優はいっぱいいると思うから、やりようはある。