ハドソン川の奇跡

奇跡を起こした英雄が裁かれる

名匠クリント・イーストウッド監督がトム・ハンクスを主演に迎え、2009年のアメリカ・ニューヨークで起こり、奇跡的な生還劇として世界に広く報道された航空機事故を、当事者であるチェズレイ・サレンバーガー機長の手記「機長、究極の決断 『ハドソン川』の奇跡」をもとに映画化。09年1月15日、乗客乗員155人を乗せた航空機がマンハッタンの上空850メートルでコントロールを失う。機長のチェズレイ・“サリー”・サレンバーガーは必死に機体を制御し、ハドソン川に着水させることに成功。その後も浸水する機体から乗客の誘導を指揮し、全員が事故から生還する。サリー機長は一躍、国民的英雄として称賛されるが、その判断が正しかったのか、国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われる。

原題:Sully / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2016年9月24日 / 上映時間:96分 / 製作会社:ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:6000万ドル / 興行収入:1億7800万ドル

【無料動画】

映画『ハドソン川の奇跡』予告編

映画『ハドソン川の奇跡』予告編

Sully – VFX Breakdown by MPC (2016)

Sully - VFX Breakdown by MPC (2016)

(C)2016 Warner Bros. All Rights Reserved


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:クリント・イーストウッド(関連作品:『アメリカン・スナイパー』)
脚本:トッド・コマーニキ
撮影:トム・スターン
音楽:クリスチャン・ジェイコブ、ザ・ティアニー・サットン・バンド

★【キャスト】
トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー、クリス・バウアー、オータム・リーサー、ジェリー・フェレーラ、サム・ハンティントン、ホルト・マッキャラニー、マックス・アドラー

★【雑学(トリビア)】
・本物のエアバスを購入して、当時のスタッフも出演するという実際の現場に近い環境で撮影された。

★【評価】
84% Rotten Tomatoes
映画.com 4.0 / 5.0
Yahoo!映画 4.24 / 5.00
Filmarks 4.0 / 5.0

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。
町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩の映画評論。

●古舘伊知郎(フリーアナウンサー)
この出来事を僕も大きく報道したけれど、奇跡の後の真実を知らなかった恥ずかしさと伝えられなかった悔しさ。この映画は、目の前に危機が迫った時、それを乗り越えさせてくれるものは何なのかを教えてくれる。
●小島秀夫(ゲームクリエイター)
“奇跡”がニュースになり、民衆に拡散され、社会の規範に晒されて英雄譚となる物語の”軌跡”に、イーストウッドは切れ目を入れる。これは”奇跡”の”軌跡”を問う、”キセキ”を描いた911以降の人種を超えた応援歌である。
●無料ホームシアター
ノンフィクションではありますが、作品では事件ではなくその後に焦点が置かれている。ヒーローとしてマスコミに注目されたパイロット。一転して疑いの的に。この世間の手のひら返しも気になるが、それでも怒ることなく、静かに自分の専門性を証明してみせる。そのサイレントなメッセージ性が刺さる。彼は救った。でも英雄じゃない。仕事をしただけ。そのシンプルな事実だけが残る。これが本当に奇跡と呼んでいいのか、それはあなたの自由。
●映画FUN 
指示に従わないでハドソン川に着水するという英断。お前はなぜ従わないんだと怒られるのは、なんか日本企業でもありそうだ。言われたことだけやっておけ、指示されたこと以外するな。そんなことはアメリカにもあるんですね。しかし、意志を貫くパイロットは素晴らしい。リスクマネジメントの意義を考えるにはすごく良い事例で、全企業ではこの作品を新人研修で見せるべき。ときには会社のマニュアルに逆らえ。正しいかどうか判断できる人になれ。