PRAY FOR JAPAN 心を一つに

動画『PRAY FOR JAPAN 心を一つに』を無料視聴

原題:PRAY FOR JAPAN
製作:日本(2012年)
日本未公開
上映時間:97分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

東日本大震災によって被害を受けた宮城県石巻市にボランティアとして赴き、6週間にわたり津波の爪痕を総尺50時間もの映像をカメラに収めた日本に住むアメリカ人のスチュウ・リービー監督によるドキュメンタリー。東日本大震災という人類まれに見る自然災害後の人間の力を描く。アメリカ16都市、イギリス、ドイツ、シンガポールで劇場公開されたほか、沖縄国際映画祭、7回UNHCR難民映画祭、NHK日本賞、アークライトドキュメンタリー映画祭、シネギアエクスポ映画祭など数多くの映画祭で上演。ナレーションは宮城出身の女優の鈴木京香が担当。テーマ曲は奥田民生による書き下ろし。

★【スタッフ】
監督:スチュウ・リービー

★【キャスト】

【無料動画】

PRAY FOR JAPAN 〜心を一つに〜(プレビュー)

PRAY FOR JAPAN 〜心を一つに〜(プレビュー)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket
【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年12月26日) 
この映画は震災後1年で制作されたので映像がまだ生々しいですね。オープニングは3月11日14:46の地震発生から
30分後の津波などなど崩壊具合を映像とインタビューとデータの数などを用いて丁寧に振り返ってくれます。まぁ正直ここが一番見所…というか定期的に見たいシーンだったような気がします。その後はテレビの特集みたいなインタビューのツギハギで…不謹慎ながらもやや単調な構成。印象的なのが避難所で3日間食料が届かない状態でオニギリが到着。が、しかし人数分足りてなかったという事でそれを必要な人に与えるワケではなく人数分に満たすまでオニギリを隠していたというエピソードが凄い。普通思いつかないですよ。
名無しさん(2016年12月28日) 
被災地に育った1人として見て良かったと思った作品です。ショッキングな映像はなく、いろんな境遇であの場所にいた人々の気持が素直に伝わってきます。非営利目的の作品ということで、得られた利益は100%「JEN」という非営利団体に寄付して、東北復興支援に使われると映画webサイトには書かれていました。それも嬉しいですね。