アイ,ロボット

ルールは破られた、未来は守れるか

「ロボット3原則」を提唱したアイザック・アシモフの「われはロボット」にインスパイアされて作られたアクション・スリラー。人間とロボットが共存する2035年のシカゴ。ひとりの科学者が謎の死を遂げ、刑事デルは一体のロボットに疑念を抱いて捜査を進めるが…。

原題:I, Robot / 製作:アメリカ(2004年) / 日本公開日:2004年9月18日 / 上映時間:115分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

アイ,ロボット 予告編 -I,Robot-

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:アレックス・プロヤス
脚本:アキバ・ゴールズマン、ジェフ・ビンター
撮影:サイモン・ダガン
音楽:マルコ・ベルトラミ

★【キャスト】
ウィル・スミス、ブリジット・モイナハン、ブルース・グリーンウッド、シャイ・マクブライド、アラン・テュディック、ジェームズ・クロムウェル、シャイア・ラブーフ、エミリー・テナント、ジェリー・ワッサーマン、エイドリアン・L・リカード、フィオナ・ホーガン、シャロン・ウィルキンス

★【感想・批評】

●映画フリー 
スプーナー刑事とサニー、カルヴィン博士のやりとりが好きで何度か鑑賞しましたが、私自身の成長とともに作品から感じられること、考えさせられることが増えていくようになりました。ほかの方の評価にもありますが、ラストシーンの解釈としてサニー自身の夢の解釈では「丘の上に立っているのはスプーナー刑事」であるとし、サニーからスプーナー刑事へ絵を渡しています。そこから読み解くのはいくらでもできるのではないでしょうか。
●映画の無料動画で夢心地
ラストシーンではサニーの「これからどうすればいいのか」という問いにスプーナー刑事は「自分で答えを見つけるしかない」と答え、サニーはそれに応じ、丘の上に立っています。丘の上に立ち「ロボットを(人間から)解放する」のはサニーでしたが、それと同時にスプーナー刑事はサニーを解放し、また「人間を解放した」のだと感じました。SFとしてはかなり議論を呼び起こすものですが、深く考えないのであれば、気にする必要がないかも。
●STREAMIN 
この作品、こんなに面白かったっけ! 久しぶりに見たけど、すっかり見入っちゃいました。やっぱり古い作品だからCGがちょっと見劣りする部分(当時は良かったかもしれないけど)もチラホラ。でも、その迫力はかなりのもんだったと思います。あのたくさんのロボットに襲われるカーアクション! 最高でした。未来家庭用ロボットができても本作を見たら利用はできないな。そういう意味ではちょっと鑑賞には覚悟がいるかもしれない。
●FANDANGONOW
ストーリーにおいてもサスペンス色が強くて、特に後半のロボットとのコンビによるところなんか、往年のあぶ刑事、スタスキー&ハッチなんかを思い出しました。ぜひ、このコンビで続編を! SFサスペンスなんて新たなジャンルでいいんじゃないでしょうか。介護や家事もロボットに代わってきつつある未来が見えてきた今、この映像を視聴することは計り知れない意味があるのかも。もしかしたら全く笑えない状態になっている場合もあるのだから。