龍三と七人の子分たち

この腐った日本で、ジジイが暴れまくる

北野武監督が、引退したヤクザの元組長とその子分たちの活躍をコメディタッチで描いた作品。北野組初参加となる藤竜也を主演に、近藤正臣、中尾彬、小野寺昭ら平均年齢72歳のベテラン俳優陣が主要キャストとして顔をそろえた。金も居場所もなくなり、毎日くすぶった生活を送っていた元ヤクザの元組長、龍三。ある日オレオレ詐欺にひっかかってしまった龍三は、詐欺で人々を騙す若者たちを成敗しようと、昔の仲間を呼び寄せて世直しに立ち上がる。

原題:龍三と七人の子分たち / 製作:日本(2015年) / 日本公開日:2015年4月25日 / 上映時間:111分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:北野武
脚本:北野武
撮影:柳島克己
音楽:鈴木慶一

★【キャスト】
藤竜也、近藤正臣、中尾彬、品川徹、樋浦勉、伊藤幸純、吉澤健、小野寺昭、安田顕、ビートたけし

【無料動画】

映画『龍三と七人の子分たち』予告編

映画『龍三と七人の子分たち』予告編

©2015『龍三と七人の子分たち』製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●映画の無料動画で夢心地(2016年1月4日)
北野武のヤクザ映画だけど、こっちは楽しいヤクザ映画です。ガラの悪い男たちが犯罪も暴力もノリノリで実行しながら、でも愉快に騒動を起こしていく。人の死さえもギャグにしまくるあたりは、不謹慎も倫理もものともしない完全にお笑いの勢いのままであり、コントだと思って満喫しましょう。気になるのは、これ、海外の人は笑えるのでしょうかね。世界のキタノもさすがに今作は笑いを起こすのは厳しいのか? なんてことを思ったりも。
●映画FUN (2016年1月12日) 
映画じゃなくて豪華な長編コントだという認識で見た方がいいです。最後なんて風雲たけし城のハチャメチャな笑いを思い出すかのような展開になります。ありえないけど、サイコーにはじけているシーンなので、なんか許せる不思議。爺さん達は迷惑だけど人情溢れるヤクザとして描かれています。ちょっと老人を甘やかし過ぎかもしれないですが、おそらく監督の意図もあるのかなと思います。不必要に肩に力を入れることなくリラックスすべし。
●BILIBILI (2016年1月16日)
引退したヤクザと、暴走族上がりの半グレ集団の抗争を描いたコメディ映画。完全にギャグのレベルがバラエティ番組風。これは絶対に日本でしか通用しない。ビートたけしとしてのギャグやコント満載のお笑い映画というのも案外息抜きにはいいし、たまに観るならOKなのですが。「アウトレイジ」の様な暴力エンタメ路線の振り切り方が好きな人は少しがっかりするかもしれないですが、それとは別物として開き直って鑑賞するのがいいです。