校庭に東風吹いて

場面緘黙症や貧困を描いたヒューマンドラマ

沢口靖子が「小津の秋」以来9年ぶりに映画主演を務め、子どもたちに熱い愛情を注ぐ小学校教師を演じた、柴垣文子の小説を実写化したドラマ。メガホンを取るのは、『劇場版 びったれ!!!』などの金田敬。テレビシリーズ「科捜研の女」などの沢口靖子が主人公の女教師を熱演し、『ミンボーの女』などの村田雄浩、ベテランの星由里子、『五日市物語』などの遠藤久美子といった俳優陣が脇を固めている。転勤した小学校で3年生のクラス担任となった三木知世。学校では一切声を出すことができない「場面緘黙(かんもく)症」の疾患を持つ児童や、離婚した母と父親の借金を背負い貧しい生活を送る問題行動の多い児童など、さまざまな事情を持つ子どもたちに、知世はクラスメートや親たちと協力して全力で向き合っていく。

原題:校庭に東風吹いて / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年9月17日 / 上映時間:112分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:金田敬
脚本:長津晴子
撮影:飯岡聖英
音楽:山谷知明

★【キャスト】
沢口靖子、岩崎未来、向鈴鳥、村田雄浩、星由里子

【無料動画】

映画「校庭に東風吹いて 」予告篇

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年10月1日) 
何よりも場面緘黙を映画に取り上げてくれたことに感謝です。観ていて胸が苦しくなるシーンがたくさんありましたが、リアルな心の内側が描かれていたと思います。先生の対応は理想的すぎるかも知れませんが、あそこまで理解してくれれば本当に有り難いですね。蔵田ミチル役の岩崎未来ちゃんや安川純平役の向鈴鳥ちゃんが、今まで心にしまっていた気持ちや感情を吐き出す場面では、涙が止まりませんでした。感動だけでは終わらない映画です。この映画では、人との関わりの中には多くの問題があって、その対処法はそれぞれのケースによって違うということを伝えています。そして明確なメッセージとして、「現象に囚われずに本質を見る」ことが問題解決に向かう近道だと示しています。問題提起としては良心的で丁寧なつくりであり、フィクションゆえのドラマ的脚色は多々ありますが、一見の価値はあると思います。
名無しさん(2016年10月1日) 
場面緘黙症というものをはじめて知りました。学校教育や対人援助のありかたについて、深く考えさせられる、いい映画でした。日本のいい映画をあげろと言われれば今後この映画をベストテンに入れるかもしれない。この映画は小学校が舞台だが学園物であると同時に現在の社会問題に切り込んだ社会派映画とも言えるだろう。社会性のその一つは家では話せるが学校では話せない場面緘黙症の女の子ミチルと沢口靖子先生の話。その二つ目はシングルマザーの貧困の中にある純平と沢口靖子先生の話。最後の場面での子ども二人の交流に泣かされた。