映画 レイトン教授と永遠の歌姫

謎解きゲーム「レイトン教授」シリーズが映画化

携帯ゲーム機・ニンテンドーDSのゲームソフトとして販売され、シリーズ累計730万本を突破した人気推理ゲームの映画化。ある日、レイトンのもとに教え子のオペラ歌手・カトレーンからオペラのチケットが同封された手紙が届く。「1年前に亡くなった友人のミリーナが、『永遠の命を手に入れた』と言って現れた」という相談を受けたレイトンは、助手のルークとレミとともに、事件の謎を解くためオペラ劇場へと向かう。

原題:映画 レイトン教授と永遠の歌姫 / 製作:日本(2009年) / 日本公開日:2009年12月19日 / 上映時間:100分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

The Eternal Diva – 永遠の歌姫.

The Eternal Diva - 永遠の歌姫.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:橋本昌和
脚本:松井亜弥
音楽:西浦智仁

★【キャスト】
大泉洋、堀北真希、水樹奈々、相武紗季、渡部篤郎、大塚芳忠、納谷六朗、家弓家正、折笠富美子

★【感想・批評】

●映画フリー
動いてる教授はかっこいいしルークはかわいいしで、ゲームファンとしては最高でした。ナゾものは好きなんですが、殺人とかは嫌いなので、この映画は私に合ってました。ストーリーもシンプルで面白いし、ナゾも考えさせられます。実はすでに親友の体に宿っていたミリーナ…親父さんを見ながら真相を語りつつ通り過ぎていくシーンでまず涙腺がやばい。親友の体で生を謳歌するシーンで涙腺がさらにやばい。ファンは見て損はないと思う。
●映画FUN  
私はレイトン教授シリーズのゲームはだいたいプレイしています。ゲーム原作のアニメとしては手堅く作ってあると思います。レイトン教授シリーズっぽい“謎解き”のテイストも織り交ぜつつアクションなど見せ場もかなりありますし、ラストは壮大な仕掛けもあり、冒険ものとして、楽しめます。全体的にストーリーの作り方なども子供向けにはできています。一つ一つナゾを解いてゆくレイトン教授とルークの活躍は楽しいの一言。
●BILIBILI 
レイトン教授シリーズをプレイしたことがある人、大好きな人は絶対に楽しめます。水樹奈々ちゃんの歌がめっちゃうまかったです。ゲームらしい遊び心がたくさんあった原作に対して、それはそれで映画はストーリーに集中しているので良かったかな。レイトン教授が無言でスイスイ解いていくので、謎解きの過程を楽しむことはできないというのは大きな欠点。どうやってここを克服するのかは課題だが、それが試されるような続編はなさそうだ。
●CRUNCHYROLL 
コナンやルパンなど日本の推理系アニメの流れも汲んでいるけど、結構真面目に謎解きをするレイトンシリーズ。しかし、映画は観客に謎を解かせるわけにはいかないので、そこはスルー。シリーズの醍醐味であるナゾトキが少なくなるのはしょうがないが、それを劇場船と歌という芸術性でカバーするという所がしっかりフォローがきいている。それでもスケールとしてはまだまだ不足しているので、もっと頭をひねる必要があったかもしれない。