この世界の片隅に(アニメ)

批評家大絶賛。異例のロングヒットを記録

第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞したこうの史代の同名コミックを片渕須直監督がアニメ映画化。第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前向きに生きようとするヒロインと、彼女を取り巻く人々の日常を生き生きと描く。昭和19年、故郷の広島市江波から20キロ離れた呉に18歳で嫁いできた女性すずは、戦争によって様々なものが欠乏する中で、家族の毎日の食卓を作るために工夫を凝らしていた。しかし戦争が進むにつれ、日本海軍の拠点である呉は空襲の標的となり、すずの身近なものも次々と失われていく。それでもなお、前を向いて日々の暮らしを営み続けるすずだったが…。

原題:この世界の片隅に(In This Corner of the World) / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年11月12日 / 上映時間:126分 / 製作会社:MAPPA / 配給:東京テアトル

【無料動画】

映画『この世界の片隅に』予告編
すずさんのありがとう

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼無料動画を見る方法▼

日本中が感動したあの作品を見逃している人、もう一度見たいという人、そんな人にとって動画配信サービスは欠かすことのできない便利な機会になります。スマホやパソコンなど視聴スタイルを自由に選べるのはもちろん、画質も最高で、通信も自由に調節。ユーザーに一番合ったものをチョイスできるのが一番嬉しいポイント。しかも、無料お試し期間を活用して期間内であれば作品動画を視聴することができます。当然、作品を観終わったとき、サービスが気に入らないときは、解約して構いません。簡単に退会もできます。

気になるのはどの動画配信サービスで視聴できるのかという部分ですが、このページでは視聴可能なVODを一覧風に整理して、まとめています。あくまで見られるサービスをリストアップしただけです。このサイトでは特定のVODだけをオススメするようなことはしていません。その理由は、個人によって合うサービスはバラバラだからです。あなたにあったサービスを選びましょう。できれば、利用したことのないVODを用いることで、無料動画感覚で作品を鑑賞することができるので、検討してみてください。

『この世界の片隅に』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:片渕須直(関連作品:『マイマイ新子と千年の魔法』)
脚本:片渕須直
キャラクターデザイン:松原秀典
音楽:コトリンゴ

★【キャスト】
のん、細谷佳正、稲葉菜月、尾身美詞、小野大輔

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.9/1098%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
4.4/5.04.17/5.004.4/5.0
フリムビ2独自ランキング
S(必見の傑作)

★【受賞】
アヌシー国際アニメーション映画祭2017の長編部門で審査員賞を受賞。
第90回キネマ旬報の日本映画ベスト・テンで1位。

★【雑学(トリビア)】
・クラウドファンディングによって資金調達がされ、最終的に3374人の支援者から3622万4000円を調達した。

★【インタビュー】
・のん「本番まではメールで監督に質問を箇条書きにして送り付けたりした」
・のん「アフレコは、遊郭で働くリンさんとのシーンだけ、岩井七世さんと一緒にやらせていただきましたが、それ以外はずっと一人です」

★【感想・批評】
町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩による映画評論。

●無料ホームシアター 
2016年に公開された映画の中でもこんな傑作は他にありません。心に染み入る一作に会えて本当に良かったです。きっとこんな心に刺さった映画には一生かかってもそう何度も出会えるものではないでしょう。この映画との出会いこそが奇跡です。そんなことを大げさではなく本気で思ってしまうほど素晴らしいアニメでした。世界中でも評価が高いというのはちゃんとこの作品に込められた平和への願いと当たり前の日常を生きる美しさが共感されたのかな。
●映画フリー 
友人の勧めで観ましたが、もっと早くに観るべきだったと後悔。もう涙が止まりませんでした。でも、悲しくはならず、逆に生きる希望が湧いてきます。最初は戦争映画らしいから、暗い作品なのかなと思っていたのです。でも全然違いました。圧倒的な明るい作風で、それを支えているのがもちろんヒロインの天真爛漫さ。たとえどんなに苦しくつらい状態にあっても想像力が世界を素敵なものに変えていくというメッセージ性には誰でも感動できるはずです。
●CRUNCHYROLL 
日本の高支持ももちろんだが、世界の絶賛も聞いてほしい。ファンタスティックなアニメーション。優しく強い女性像の象徴。戦争への的確な風刺とドラマチックな感情の合体。そんないくら言葉を並べても足りないほどの、賛辞が溢れている。なぜ日本の戦争中の、とくに有名でもない人物のドラマがこんなにも国境を越えて響くのか。それこそが「すず」という女性のキャラクターに投影できるものの広さを象徴しているのではないか。これは世界の映画だ。