秒速5センチメートル

新海誠が描く、切ないすれ違いのラブストーリー

『君の名は。』の新海誠による2007年公開の劇場作品で、ひかれあっていた男女の時間と距離による変化を全3話の短編で描いた連作アニメーション。互いに思いあっていた貴樹と明里は、小学校卒業と同時に明里の引越しで離ればなれになってしまう。中学生になり、明里からの手紙が届いたことをきっかけに、貴樹は明里に会いにいくことを決意する(第1話「桜花抄」)。やがて貴樹も中学の半ばで東京から引越し、遠く離れた鹿児島の離島で高校生生活を送っていた。同級生の花苗は、ほかの人とはどこか違う貴樹をずっと思い続けていたが…(第2話「コスモナウト」)。社会人になり、東京でSEとして働く貴樹。付き合った女性とも心を通わせることができず別れてしまい、やがて会社も辞めてしまう。季節がめぐり春が訪れると、貴樹は道端である女性に気づく(第3話「秒速5センチメートル」)。

原題:秒速5センチメートル / 製作:日本(2007年) / 日本公開日:2007年3月3日 / 上映時間:63分 / 製作会社: / 配給:コミックス・ウェーブ

★【スタッフ】
監督:新海誠
脚本:新海誠
キャラクターデザイン:西村貴世
音楽:天門

★【キャスト】
水橋研二、近藤好美、花村怜美、尾上綾華、水野理紗

【無料動画】

「秒速5センチメートル」予告編HD

(C)Makoto Shinkai / CoMix Wave Films


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年12月21日) 
新海誠監督の中でも最も男女に対する価値観や恋愛論に対する監督イメージがドロドロとこぼれ出ているようなアニメで、単に切ない物語の一言で片づけられないくらいの、クセはある。なので、好き嫌いが分かれるかもしれない。それこそ「君の名は」の比ではないくらいに。しかし、そういう抽象的な話は置いておいて、まだ大手の映画会社の協力も得ずに、ほそぼそとこれほどのクオリティにアニメを作れたことは間違いなくとても凄いことだろう。
BILIBILI (2016年12月23日) 
季節を感じる映像に、移ろっていく恋を重ね合わせて。新海さんのタッチはどれも叙情的というか、おセンチな感じが好きです。主人公は少年少女時代から始まるのですが、高校生が観た感じ方と、大人が観た感じ方は相当違うはず。この映画はその人の経験でかなりの印象に揺らぎを生むと思います。ともかくそれを表現するアニメーションの美しさは素晴らしく、こんなにも自然の輝きと明暗を切り取った絵を描けるなんて不思議な才能です。
CRUNCHYROLL (2016年12月25日) 
これまでファンタジーなどどちらかといえばSF要素を導入してくる新海誠が、非常にリアルで生々しい現代社会の男女を描いた物語。しかし、男の主人公が小学生から大人になるまで一人の女性を思い続けるのは現実にはほぼないフィクションな出来事だと思うが、それをあえてあると仮定させて描き出す物語はこの時点でSFなのかもしれない。少なくともどこか浮世絵離れした感じはそのせいだろうか。エンタメではなく芸術として捉えると良いのでは。