ギャラクシー街道

三谷幸喜がおくる前代未聞の宇宙コメディ

三谷幸喜の長編映画監督7作目で、三谷映画としては初めて宇宙が舞台に設定され、全員が宇宙人の登場人物たちによって織りなされるスペースロマンティックコメディ。香取慎吾が主演し、綾瀬はるかがヒロインを務めるほか、優香、遠藤憲一、小栗旬、大竹しのぶ、西田敏行ら豪華キャストが集う。西暦2265年、木星と土星の間に浮かぶスペースコロニーの「うず潮」と地球を結ぶ、スペース幹線道路「ギャラクシー街道」は、老朽化が進んで廃止の噂もささやかれていた。そんな街道の中央にひっそりとたたずむハンバーガーショップ「サンドサンドバーガー・コスモ店」には、スペース警備隊やスペースヒーロー、スペース客引き、スペース娼婦など、今日も様々な宇宙人たちが集う。

原題:ギャラクシー街道 / 製作:日本(2015年) / 日本公開日:2015年10月24日 / 上映時間:110分 / 製作会社: / 配給:東宝 / 製作費: / 興行収入:13.2億円

★【スタッフ】
監督:三谷幸喜
脚本:三谷幸喜
撮影:山本英夫
音楽:荻野清子

★【キャスト】
香取慎吾、綾瀬はるか、小栗旬、優香、西川貴教、遠藤憲一、段田安則、石丸幹二、秋元才加、阿南健治、梶原善、田村梨果、浅野和之、山本耕史、大竹しのぶ、西田敏行、佐藤浩市

【無料動画】
https://youtube.com/watch?v=MkU3pNR4RPQ


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【インタビュー】
綾瀬はるか「宇宙人と聞いて、最初は顔が緑色なのかなと思ったんですよ。でも衣装合わせに行ったら、ヘアだけ面白いけれど顔に何かをするわけではないと分かったので、あんまり宇宙人を意識することなくお芝居することが出来ました」

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月10日) 
世間では名作を生み出すことで有名となっている三谷幸喜。興行的にも大ヒットを飛ばして、よいしょよいしょされまくった結果、ついに生み出されてしまった怪物がこの映画である。やりたい放題という言葉でしか表現できない。これをシチュエーションコメディと呼んでいいのか。完全にオカルトの領域だろう。それでも映画配給が本作をどう評価したかはわからない。ただ、これで三谷幸喜を甘やかしすぎたなと反省してくれるなら良い作品である。
BILIBILI (2016年3月14日) 
この映画にお付き合いいただいた俳優の皆さんに最大限の敬意を表したいです。役者って大変なんだなと多くの人が理解したと思います。正直、この映画の登場人物の意味を見出すのは至難の業です。でも作り手は狙いがあるらしいというのがコワイです。例えば、綾瀬はるか扮するノアの妻ノエは「スター・トレック」に登場するミスター・スポックの遠い親戚という裏設定だそうだ。全スタトレのファンに喧嘩を売っているとしか思えない。恐ろしい。
PARAVI (2016年3月17日) 
三谷シリーズで1番叩かれてる印象ですが、私は爆笑しましたよ。できればB級カルト好きな方に観ていただきたい。この映画は三谷史上最高に笑えるけど、彼が再びこの路線をこの純度で達成することは恐らくないだろうな。三谷監督と役者陣のお金かけたプロのお遊びで、これを企画が通せるのは三谷幸喜のネームバリューがあるからに他ならない。内容でも観客を置いてっちゃっているのは、逆にとんでもないし、とにかくこれは映画史に残る一作です。