ムカデ人間(1作目)

つなげてみたい…その欲求が狂気を生む

狂気に満ちた医師が、複数の人間の口と肛門とをつなぎ合わせ“ムカデ人間”を作ろうとする姿を描くショッキングサスペンス。ヨーロッパを旅行中、ドイツの森の中で立ち往生してしまった2人のアメリカ人女性が、助けを求めて一軒の邸宅にたどりつく。翌朝、目を覚ました2人は病室のベッドの上におり、隣には同じように日本人男性が寝かされていた…。

原題:The Human Centipede (First Sequence) / 製作:オランダ・イギリス(2009年) / 日本公開日:2011年7月2日 / 上映時間:90分 / 製作会社:Six Entertainment / 配給:トランスフォーマー / 次作:『ムカデ人間2』

★【スタッフ】
監督:トム・シックス
脚本:トム・シックス
撮影:グーフ・デ・コニング
音楽:パトリック・サベージ、オレグ・スピーズ

★【キャスト(キャラクター)】
ディーター・ラーザー(ヨーゼフ・ハイター博士)、北村昭博(カツロー)、アシュリー・C・ウィリアムス(リンジー)、アシュリン・イェニー(ジェニー)、アンドリュー・レオポルド、ピーター・ブランケンシュタイン、ローズマリー・アナベラ

【無料動画】

映画「ムカデ人間」予告編

映画「ムカデ人間」予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月10日) 
全シリーズ鑑賞していますが、やっぱり最初の作品が一番ですね。アイディアに対する必要最低限のバランスと力の入れ具合が絶妙で、続編は蛇足ならぬムカデ足ですから。やっぱりムカデであっても足がたくさんあればいいものではないという証明です。グロテスクスリラーの代名詞的存在になりましたが、個人的には例えば1900年代に登場していれば、もっとクラシカルホラーの名作として名を馳せたと思うくらいのポテンシャルはあると思います。
SPACEMOV (2016年1月13日) 
変態監督の変態作品であり、作った人は確実に頭がオカシイ。1つのアイデアだけでここまでやれるのはすごいし、映画化しようとしただけでもその心意気はよしだし、いろいろ尊敬するものがある。そして、どう考えても世間からは褒められない企画を実行する力というのはとんでもないパワーではないか。役者陣の演技も鬼気迫るものがあって、ただのウケ狙いのアホ映画で終わってないところも好感持てます。もちろん、マネはしたくありませんが。
STREAMANGO (2016年1月27日) 
散々煽られていたのでそんなに怖いのかと不安だったのですが、見たら後悔するのも覚悟で見たけど思ってたよりサラッと見れてよかったかなというのが第一印象。そして、サイコパスな博士の良さを再確認。現実にいたら迷惑以外の何者でもない有害人物だけど、観ている分には愉快。でも、反抗した女の人が罰で一番キツいとされる真ん中に配置されてたけど、どう考えても3番目のほうがキツいと思うのですが、私の感性が間違っているのか?