キラー・マウンテン

想像を超えた存在が襲ってくる

人類未登頂の最高峰・ヒマラヤ山脈のガンカー・プンスムを舞台に、登山家と彼らに襲い掛かる伝説の雷竜との戦いを描いたパニック。ヒマラヤ山脈のブータンの最高峰ガンカー・プンスムのベースキャンプから登山家4名が足止めをくらって救助を求めていた。そして、誰も戻らなかった。プンスムは未だに未登頂としては最高峰のままである。ある日、登山教室を開いていたワードの元にバートンと名乗る者が訪れた。プンスム登頂に向かった登山隊との連絡が途絶え、その救出の依頼だった。消息を絶った隊を率いていたのは元恋人のケイトだった。ワードは救出へ向かう。ワード率いる捜索隊はプンスムの麓へ到着した。しかし、捜索隊のメンバーの一人タイラーにはこの地にあるであろう聖地シャンバラを見付けるという別の目的が有った。登山隊を襲ったのは自然の脅威だけではなく、シャンバラを護る伝説の雷竜だった。

原題:Killer Mountain / 製作:アメリカ(2011年) / 日本公開日:2011年12月(DVDスルー) / 上映時間:88分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:シェルドン・ウィルソン
脚本:シェルドン・ウィルソン、ピーター・サリバン
撮影:ニール・カービン
音楽:ミシャ・シーガル

★【キャスト】
ポール・キャンベル、カーティス・カラバッジョ、トランス・クームズ

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2011年12月30日) 
行方不明となった登山隊を探すためにプンスムと呼ばれる高山で救出活動を行う捜索隊の活躍を描くアクション映画。それなりのスリルは描かれているが、訳のわからないモンスターに集約してしまった作りはちょっとしょんぼり。B級のパニック映画です。キラーマウンテンという題名なので、殺人山かと思いましたがそうではありません。B級としては緊張感はまあまあ。ストーリーは有りがちでしたが、けっこう楽しめると思います。CGはとってもチープで残念。シェルドン・ウィルソン監督の珍映画としてお楽しみください。
名無しさん(2011年12月30日) 
冒頭、現在より数十年前、ブータン最高峰の雪山にて、登山チームが救助を求めた末に突如連絡を絶ってしまう。ああ、単なる山登り救助映画だと思ったらどんどん展開が予想外の方向にコロコロと転がっていき、まさかのSF。そんな馬鹿な!の連続で、まさかのジャンルの大変身を遂げていきます。登山パニック映画の様なジャケットですがれっきとしたモンスター映画でした。しかも、モンスターパニックからさらにトンデモナイ進化が隠されているので凄い凄い。なんなんだ、この映画は。ということで、少なくとも驚愕の個性を持っている作品なのでぜひ一見の価値はあるのでは?