運命に逆らったシチリアの少女

マフィアに復讐する少女の物語

原題:La siciliana ribelle
製作:イタリア・フランス(2008年)
日本公開日:2010年8月(DVDスルー)
上映時間:110分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

17歳でマフィアを訴え、その犯罪を暴き出した、シチリアの少女の勇気ある闘いの全貌を追った実話を克明に描いたドラマ。マフィアが支配するシチリア。幼い少女リタの目の前で父が殺された。兄はマフィアのボスである叔父ドン・サルヴォの仕業と確信し、2人は復讐を誓う。しかし6年後、その兄も殺されてしまう。リタはマフィアの告発を決意。父の死後、マフィアの悪事を書きためた日記を、パレルモの判事に持ち込むが…。

★【スタッフ】
監督:マルコ・アメンタ
脚本:マルコ・アメンタ、セルジオ・ドナティ
撮影:ルカ・ビガッツィ
音楽:パスクァーレ・カタラーノ

★【キャスト】
ベロニカ・ダゴスティーノ、ジェラール・ジュニョ、マルチェロ・マッツァレッラ、ルチア・サルド

【無料動画】

La Siciliana Ribelle Trailer

La Siciliana Ribelle Trailer


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月8日) 
タイトルとジャケットとは印象がかなり違う映画です。少女がたった一人でマフィアに立ち向かうという華々しい復讐劇なんて現実にあるわけもなく、実話ベースなだけにお話はけっこう淡々とドラマチックもなく進む。一番残念な点は、子供時代はとても可愛かった主人公リタが、17歳になって少女っぽさがゼロになる問題。面白くなりそうなのに映画として面白くしようというしないのは意図的な狙いになっているので、そこは考慮しないとね。
SPACEMOV (2016年1月9日) 
何よりこの映画が実話を基にしてるということが圧倒的な衝撃。一度マフィアに関わると抜けられない泥沼といった感じがひしひしと伝わる。やるせないもどかしさだけが残る嫌な後味。父と兄の仇を打つため、マフィアを相手に裁判を起こしたっていう女性の実話に基づく話といからには、多少脚色があれどこれが実話で、しかもほんの20年程度前の話だというから恐ろしい…。どこの国でも暴力組織に蹂躙されるのは弱い存在なのでしょうか。
海外コメント (2016年1月12日) 
真実が消え去り、フィクションが引き継ぐところが不思議に印象に残る。私は橋渡しのところで推測することができますが、大部分は非常に説得力があります。本当の映画体験に敬意を表してくれる映画のようなものです。美しい映画撮影で完全に語られた話で、キャラクターと一緒に動いて、私たちにこれらの人々を気にさせるのに必要な時間をかけました。演出家によるすばらしい演奏で素晴らしい演出を見せてくれます。
海外コメント (2016年1月14日) 
裁判所ドラマと情熱的な血まみれのオペラの間に裂かれている。シチリアの農村の中世的で、恐ろしく、孤立した世界である。古くから名誉と行動規範があり、他の誰も理解できないのだ。この映画のヒロインは、父親と兄弟の死を救済しようとする強い意欲を持った特権的な若い女性です。徐々に、彼女は両者が犯人であるという事実を彼女が嫌っている人のように受け入れるように管理します。脚本の弱さはじゅうぶんカバーされてます。