イルカと少年(1作目)

イルカと少年

この友情は感動を呼ぶ

尾びれを失ったイルカと少年の絆を、実話をもとに映画化したハートウォーミングドラマ。11歳の少年ソーヤーは、浜辺に1頭のイルカが打ちあげられているのを発見する。イルカは海洋生物の病院へと運ばれウィンターと名づけられるが、深い傷によって尾びれの切断を余儀なくされる。そこでソーヤーは、ウィンターに人工の尾びれをつけることを思いつく。

原題:Dolphin Tale / 製作:アメリカ(2011年) / 日本公開日:2012年4月(DVDスルー) / 上映時間:113分 / 製作会社:Alcon Entertainment / 配給:ワーナー・ブラザース / 次作:『イルカと少年2』

★【スタッフ】
監督:チャールズ・マーティン・スミス
脚本:カレン・ジャンツェン、ノーム・ドロミ
撮影:カール・ウォルター・リンデンローブ
音楽:マーク・アイシャム

★【キャスト(キャラクター)】
ハリー・コニック・Jr.(クレイ・ハスケット博士)、アシュレイ・ジャッド(ロレーヌ・ネルソン)、ネイサン・ギャンブル(ソーヤー・ネルソン)、クリス・クリストファーソン(リード・ハスケット)、モーガン・フリーマン(キャメロン・マッカーシー博士)、オースティン・ストウェル(カイル・コネラン)

【無料動画】

映画『ドルフィン・テイル』予告編(字幕)

映画『ドルフィン・テイル』予告編(字幕)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月12日) 
久しぶりに鑑賞してもやっぱり泣けるものは泣けるということだけがわかりました。ビジュアルから伝わると思いますが、心があたたまる素敵な話です。エンドロールの実際の映像がまた泣けます。人間と動物というのは異なる存在で、もちろん言葉も介さないわけですが、それでも相手を想うことができるような気持ちになります。それはやはり一種の特別な動物だけ。ムカデでは無理ですからね。その点、イルカというのはまさにベストなパートナーです。
SPACEMOV (2016年1月14日) 
開始数分で映し出される映像の綺麗さとイルカのかわいさで、どうしようもないほどうるうるきて何度も涙の大洪水で最後の最後までずっと涙腺をサンドバックのようにボッコボコにされました。ケガで泳げなくなってしまったイルカと兵役で足が動かなくなって絶望してしまった少年の家族という単純な対比なのかなと思ったのですが、予想外の愛がたっぷりこぼれでる作品に幸せな気持ちで満たされるようで…。こういう映画はどうしても嫌いになれません。
OPENLOAD (2016年1月17日) 
主人公は決して理想の子ではない。勉強の成績は悪く、友達もいない。そんな冴えない少年が、一頭の怪我をしたイルカと出会うことにより、イルカと、そして周りの人たちと絆を生み、ありていに言えば奇跡を起こす感動の実話。目の前の現場に夢中になっていく、そしてそれに周りも付いてくる。感情が他者に連鎖反応を引き起こしていく。そんな物語です。資金が足りなくなったり、なかなか上手くいかないくても乗り越えていく姿はやっぱりいいです。