父親たちの星条旗

戦争を終わらせた一枚の写真、その真実

クリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争最大の激戦だったといわれる硫黄島の戦いを日米双方の視点から描く映画史上初の2部作。本作はその第1弾で、アメリカ側の視点による作品。硫黄島の擂鉢山に星条旗を打ち立てた6人の兵士の写真の真実と、戦場から生き残り米本土に帰還した3人のその後の人生を描く。ウィスコンシン州で葬儀屋を営む老人のジョン・“ドク”・ブラッドリーが長い人生に別れを告げようとしていた。彼は戦争とある写真の歴史を抱えていた。写真は戦意高揚に大きく利用され、ブラッドリーら戦友の6人は人生が乱れる。帰国したブラッドリーは硫黄島や写真について語らなかった。

対となる日本側視点の作品は『硫黄島からの手紙』。

原題:Flags of Our Fathers / 製作:アメリカ(2006年) / 日本公開日:2006年10月28日 / 上映時間:132分 / 製作会社:DreamWorks Pictures / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:9000万ドル / 興行収入:

★【スタッフ】
監督:クリント・イーストウッド
脚本:ウィリアム・ブロイルズ・Jr.、ポール・ハギス
撮影:トム・スターン
音楽:クリント・イーストウッド

★【キャスト(キャラクター)】
ライアン・フィリップ(ジョン・“ドク”・ブラッドリー)、ジェシー・ブラッドフォード(レイニー・ギャグノン)、アダム・ビーチ(アイラ・ヘイズ)、バリー・ペッパー(マイク・ストランク)、ジョン・ベンジャミン・ヒッキー(キース・ビーチ)、ポール・ウォーカー(ハンク・ハンセン)

【無料動画】

父親たちの星条旗(予告編)

父親たちの星条旗(予告編)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年1月6日) 
もう既に何度か観ているがこの作品には観る度にアメリカ映画が宿命として背負わなければならないものをイーストウッドが全身で受け止めようとしている覚悟を感じる。それは戦争という単純な善悪では語れないものに対して、その歴史をどう受け止めるかに他ならない。戦争を未来的思考で整理して「過去」として片づけることはできる。しかし、当事者はそんなことはできない。これはアメリカのみならず日本だって他人事ではない問題だ。
SPACEMOV (2016年1月9日) 
やはり戦争は双方にとって痛みでしかない。戦地で自らを犠牲にした人は尚更のことだ。国の為に、嫌々、仕方なく戦ったあげく、そのプロセスは正しく評価されず、ある一瞬だけが全てのように評価される。しかもその評価も永遠とは続かず、いっ時のブームとなり去っていく。日本は敗戦国であり唯一の被爆国であるから、深く悩まず堂々と戦争を反対できるのかもしれない。しかし、勝った国であっても戦争は暗い影を残す、嫌なものなのだ。
STREAMIN (2016年1月27日) 
硫黄島での壮絶な現実は、平和に日常生活を送っている普通の国民には到底理解しきれるものではなく、単純なままにヒーロー扱いされ、身勝手に創り上げられていく虚像と真実との狭間で苦悩する若き帰還兵たちの心情が痛いほど伝わってくる。正直、こうやって戦争当事者たちを好き勝手に特定のプロパガンダのもと、祭り上げる行為は日本もしていたはずだ。いや、今もしているかもしれない。私たちは戦争経験者の苦悩を理解しているだろうか。