ホノカアボーイ

のんびりと成長していきます

ハワイ島の小さな町ホノカアで青春時代の数カ月を過ごした吉田玲雄が自らの体験を綴った同名小説を、「ハルフウェイ」の岡田将生主演で映画化。失恋したショックで大学を休学したレオは、かつて恋人と訪れたことのあるホノカアの映画館で映画技師として働くことになる。ちょっと風変わりだけど温かいホノカアの住人たちとの交流を通じ、心の隙間を埋めていくようにレオは少しずつ成長していく。

原題:ホノカアボーイ / 製作:日本(2009年) / 日本公開日:2009年3月14日 / 上映時間:111分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

ホノカアボーイ

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:真田敦
脚本:高崎卓馬
撮影:市橋織江
音楽:青柳拓次、阿部海太郎

★【キャスト】
岡田将生、倍賞千恵子、長谷川潤、喜味こいし、正司照枝、蒼井優、深津絵里

★【感想・批評】

●映画FUN 
私好みのスローテンポな映画で、とても切なくなりました。岡田将生くんや倍賞千恵子さんが役にとてもはまっていて、ハワイの景色にもはまっていて、私もはまる映画でした。レオを演じた岡田将生、ビーを演じた倍賞千恵子、二人とも自然でとてもいいですね。脇役の長谷川潤、喜味こいしさんも素敵です。終始、いい天気で暖かい映像。ハワイの気候を肌に感じれる映画。作中の人物の多くは、日本人でハワイアン設定なのがまた妙に雰囲気出してた。
●映画フリー 
スロームービーって、展開がなさそうで、感動が少なそうで、苦手に思ってたんだけど。とっても心地よい空気が流れる映画。それを感じてしまうと、「ハワイの心地よさを感じてね。」という、制作側の思うツボなのだろう。展開がないだろうと思ったけどそんなことはなくて、おばあさんの恋心なんて理解できないだろうと思ったけどそんなこともなくて、ハワイに旅立った男子学生の青春なんてさっぱりだろうと思ったけどそんなこともなく…。
●BILIBILI
登場人物たちそれぞれの気持ちがすーっと入ってくる。寂しい気持ち、悩む気持ち、孤独な気持ち、温かく流れる人を思う気持ち。この島に来てよかった。この人たちに出会ってよかった。この映画に出会えてよかった。ゆったりとした世界を探している人はこの映画の中にあるので、入ってきてほしい。そこに癒しとまでは言わないけど、温かいぬくもりを感じることはできるはず。「歳をとったらできないことなんて何一つないからな」そう思いたい。
●DAILYMOTION
マラサダの砂糖のあの感じ、凄いな~。倍賞千恵子さん演ずるビーの可愛らしさと岡田将生さん演ずるレオの純朴さでダブルでほっこり成分を供給してくるという周到な構成。恐ろしいな、この映画。逃げられないじゃないか。とくに中毒性もないのに、ハマってしまうのはこの作戦勝ちなんだろうな。ハワイの風を感じさせてくれる作品はこれが一番。ホノカアは時間が止まったかのような優しい村になっていたけど、本当にこんなものなのかな。