がんばっぺ フラガール!フクシマに生きる。彼女たちのいま

震災から復興する観光施設の姿を追いかける

福島県いわき市のレジャー施設「スパリゾートハワイアンズ」が、2011年3月11日の東日本大震災を受け、46年ぶりにフラガールたちの全国キャラバンを敢行。その行方を追ったドキュメンタリー。地震、津波、原発事故と風評被害により、かつてないほどの絶望的な苦境に立たされるスパリゾートハワイアンズ所属のフラガールたちが、復興に向けて全国に笑顔を届けるため「フラガール 全国きずなキャラバン」に出発する。

原題:がんばっぺ フラガール!フクシマに生きる。彼女たちのいま / 製作:日本(2011年) / 日本公開日:2011年10月29日 / 上映時間:102分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

「がんばっぺ フラガール!」 予告編

「がんばっぺ フラガール!」 予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:小林正樹
撮影:吉田誠
音楽:ジェイク・シマブクロ
ナレーション:蒼井優

★【キャスト】

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
フラガールも面白かったけれど、こっちのドキュメントもなかなか見応えありです。まさかフラガールで話題を集めたあとにこんな悲劇が待っているとは誰も思わなかったわけですが、どうして何度も苦難を味合わなければいけないのでしょうか。神様は残酷だ…。それだけ自然災害の容赦のない恐ろしさを実感しましたね。町は立て直せるし、地域はいつかは復興できるかもしれない。でも人の心はくじけてしまえばそんな簡単には戻らないのです。
●映画FUN  
復興の難しさ。確かにお金は大切。資材も物品も。でも街は戻らない。それを回復するには義援金や行政対策では意味がなく…。つまり前を向くパワーなのです。支えてあげなければと強く心に刻むのでした。そしてエネルギーをもらうのです。被災者の姿に元気をもらってしまうのは申し訳ないですが、でも事実なので正直に書きます。こうやって人は支え合うし、それは大切なこと。ボランティアは偽善じゃない。素直な気持ちの表し方です。
●BILIBILI  
あのフラガールで舞台となった町や人の震災後を描く作品です。おそらく、いや間違いなくあの映画がなければこんなドキュメンタリーさえも作られなかったと思うと寂しいです。忘れていけないのはこの題材以外にもあの地震と津波で苦しんだ人はたくさんいるということ。描かれなくてもそれらを想い、記憶しなければいけません。この作品にでてくる人物たちが代表になって回復の象徴になればいいです。生き残った枯れ木よりはマシですから。
●VIDEOEYNY 
こちらのドキュメンタリーでは実際の被災直後の避難の要素などかなり生々しい映像も多く挿入されており、単純なフラガールありきの作品になっていないのも特徴。でも、最後にはちゃんとダンスで締めてくれるのがわかってます。やっぱり頑張る人は美しい。これを作って良かった。だって、その後を知るのは大事ですから。「がんばっぺ」の言葉にどれだけの意味がこもっているか。自分を奮い立たせるのも、他者であっても、変わらないのです。