百万円と苦虫女

百万円と苦虫女

蒼井優が更なる脚光を浴びたロードムービー

『ふがいない僕は空を見た』のタナダユキが監督し、実力派女優の蒼井優がまだ若手だった頃に主演で抜擢された青春ムービー。短大を卒業後、就職もできずフリーター生活を送る鈴子。ひょんな事件から家族の元を離れ、100万円を貯めるごとに引越しを繰り返す生活を始める。様々な人との出会いを通じ、鈴子は少しずつ人の心の温かさに触れて成長していく。

原題:百万円と苦虫女 / 製作:日本(2008年) / 日本公開日:2008年7月19日 / 上映時間:121分 / 製作会社:「百万円と苦虫女」製作委員会 / 配給:日活

★【スタッフ】
監督:タナダユキ
脚本:タナダユキ
撮影:安田圭
音楽:櫻井映子、平野航

★【キャスト】
蒼井優、森山未來、ピエール瀧、竹財輝之助、齋藤隆成、笹野高史、嶋田久作、モロ師岡、石田太郎、キムラ緑子、矢島健一、斎藤歩、堀部圭亮、平岩紙、江口のりこ、悠城早矢、弓削智久、佐々木すみ江

【無料動画】

百万円と苦虫女

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年2月1日) 
100万円たまったら引っ越すという遊牧民みたいな生活。引っ越すためにお金を稼ぐという、今でいうミニマムスタイル。自由気ままに見えてその労力たるや相当なものがあるし、ちょっと憧れはするけど、よく考えたら大変だなと思う。好きなシーンは弟への手紙。ほんのり和んだというか、なんだか少し畏まってしまうけど、周りに自分の素の気持ちを言える人がいないから、唯一すずこの気持ちがはっきりと知れる貴重な言葉だったのではないかな。
映画フリー (2016年2月3日) 
こういう良作もあるから邦画は捨てたものじゃないし、いろいろ出会いを期待するのですよね。雑草系ナチュラルな魅力を自然と振り撒く、かわいい蒼井優が一番の見どころ。この時点でこの女優は大物になると思いました。邦画っぽく緩いけど、それだけじゃない独特の癖になる感じもあって、空気感・雰囲気のユニークさがなかなか秀逸でハマってくる。主人公の生き方がある種の輪廻転生に近い、人生の繰り返しを描いているのも解釈として面白い。
BILIBILI (2016年2月4日) 
この映画は100パーセント蒼井優の作品。最初から最後まで全部が彼女の色に染まっている。蒼井優の透明感かつ掴みどころのない幸薄そうな感じが素敵なくらいにフィットしていて、たまらない。エンドロールを眺めながら、原田郁子さんの曲を聴きながら、弟はあれからどうしてるかな、鈴子は幸せに暮らせているかなとか、考えてたらめっちゃ泣けてくる、良い作品でした。設定自体はヘンテコなキャラですけど、かなりの隠れた名作なんじゃないかな。
PARAVI (2016年2月7日) 
間違いなくキャストの勝利。一気に輝き始めたころの最も潤っている蒼井優と、少年から大人への過渡期に一瞬見られる色気のようなものを匂わせる森山未來。この二人が揃えば、もう絶対に良いドラマが生まれるに決まっている。ベランダネギキッスが最高。これは見た人がみんな言及するあたり。あと、全編通してめちゃくちゃ部屋のディティールが凝っているのも、監督の力の入れようが感じる。生々しい生活感が話にリアリティをもたせているのです。