お父さんと伊藤さん

私、彼氏、お父さん、今日から3人暮らしです

タナダユキ監督が中澤日菜子の同名小説を映画化し、上野樹里とリリー・フランキーが20歳の年の差カップルを演じた人間ドラマ。書店でアルバイトをしながら気ままに暮らす34歳の彩は、給食センターでアルバイトする20歳上のバツイチ男性・伊藤さんと付き合っている。小さな古アパートで同棲している2人は、庭で家庭菜園をするなどし、慎ましくも穏やかな毎日を送っていた。そんな彼らのもとに突然、息子の家を追い出された彩の父親が転がり込んで来る。こうして3人の奇妙な共同生活がスタートするが…。

原題:お父さんと伊藤さん / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年10月8日 / 上映時間:119分 / 製作会社: / 配給:ファントム・フィルム

★【スタッフ】
監督:タナダユキ(関連作品:『ロマンス』)
プロデューサー:木村俊樹、半田健
脚本:黒沢久子
撮影:大塚亮
音楽:世武裕子

★【キャスト】
上野樹里、リリー・フランキー、藤竜也、長谷川朝晴、渡辺えり

【無料動画】

映画『お父さんと伊藤さん』予告編

(C)中澤日菜子・講談社/2016映画「お父さんと伊藤さん」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●山崎ナオコーラ​(エッセイスト・小説家) 
開始三十秒で傑作の予感が漂った。伊藤さん演じるリリーさんのセクシーなこと!親も恋人も兄弟も、すべてただの人間関係なのだ、と当たり前のことを再確認できた。
●​稲子美沙​(ダ・ヴィンチ編集部) 
それぞれ愛おしく思っていても、一緒にいることでかえって関係が難しくなってしまうこともある。多くの人が抱える家族の悩み。その人を嫌いになってしまう前に、ぜひこの映画を観てください。きっと心が軽くなる。
●映画FUN (2016年11月3日) 
年老いた頑固な親とどう向き合っていくべきか。一緒に住むのは面倒、でもそれでも親は親。だから無視もできない。そこの葛藤に、赤の他人のはずの伊藤さんが、いいアクセントとなって、父娘の関係がゆるゆると変化していくさまを楽しむ作品です。結構重いテーマなのに、パッと見た時にはそんな印象を与えないのは役者の力だと思います。最後にスパッと老人ホーム入っちゃうところとか、伊藤さんの背中押しちゃうところとか、なんか素直でいい。
●BILIBILI (2016年11月10日) 
こういう親子っている。フィクションとは言い切れない家族のひとつ。お父さんが心の中に寂しく持っていたモヤモヤのモチーフの描き方がユニークで面白い。伊藤さんの登場や、間を埋めるように挟む言葉、全てがぬるっと自然体で親子の溝にピタッとはまってくれて嫌な感じはしない。中和作用は抜群だ。スパイス的に兄の嫁の壊れぶりがよい骨休めになり、ゆるい中に刺激とブラックユーモアが溢れているからこその不思議な空間が形成されていた。