アイ・ソー・ザ・ライト

カントリー歌手ハンク・ウィリアムスの伝記ドラマ

原題:I Saw the Light
製作:アメリカ(2015年)
日本公開日:2016年10月1日
上映時間:123分
製作会社:ブロン・スタジオズ
配給:ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
製作費:1300万ドル
興行収入:165万ドル

★【評価】
20% Rotten Tomatoes

イギリス人俳優トム・ヒドルストンが、1950年代アメリカで活躍したカントリー歌手ハンク・ウィリアムスを演じた伝記ドラマ。29歳の若さで他界するまでのわずか6年間という短い活動期間ながら、後の音楽界に多大な影響を与えた偉大な歌手の功績とその素顔を描く。44年、アラバマ州。カントリー歌手のハンクは愛する女性オードリーと結婚するが、オードリーは自身の歌手としての夢を諦めきれず複雑な思いを抱えていた。やがて2人の間に息子が生まれたことで、家族の未来は希望に満ち溢れたものとなる。しかしハンクの音楽活動が順調に進むにつれ、父親が必要な家族との溝は深まり、ハンクは他の女性やアルコールに逃避するようになってしまう。

★【スタッフ】
監督:マーク・エイブラハム
脚本:マーク・エイブラハム
撮影:ダンテ・スピノッティ
音楽:アーロン・ジグマン

★【キャスト】
トム・ヒドルストン、エリザベス・オルセン、チェリー・ジョーンズ、ブラッドリー・ウィットフォード、マディー・ハッソン

【無料動画】

“キング・オブ・カントリー”と称された伝説のシンガー、ハンク・ウィリアムスを描いた伝記映画『アイ・ソー・ザ・ライト』予告編

“キング・オブ・カントリー”と称された伝説のシンガー、ハンク・ウィリアムスを描いた伝記映画『アイ・ソー・ザ・ライト』予告編

(C)2016 I Saw The Light Movie, LLC and RatPac ISTL LLC. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画フリー (2016年11月10日) 
歌手ハンク・ウィリアムスの伝記映画。この人物については知らなかった。そもそも主題となる人間について知ることを期待しているので、逆に既知の題材だとつまらない。これでOKだ。病気と、忙しさから酒や薬、女に溺れて行く。アメリカ中に愛された、みんなの憧れのハンクは、そのみんなとなんら変わらない空虚な人間だった。この辺はすごくよくあるやつ。結局どんな偉人でも庶民と同じ苦しみを抱えているし、それでも生きているから凄いのよね。
●SPACEMOV (2016年11月11日) 
トム・ヒドルストンの名演。その歌声聞きたさに観たというのが本音。ハンクスウィリアムスはほとんど知らなかったけど、良い曲が多かったし、耳に馴染む。ハンクスが脊椎の病気やストレスで傷ついて行くのを見て辛くなるし、なんだか複雑な気持ち。でもツアーに参加しないといけないから、無理にでも鎮痛剤を打って亡くなるというあたりがマイケルジャクソンと重なって見えた。自分の好きな人がこうやって亡くなったらどんなふうに思うのかな。
●DAILYMOTION (2016年11月12日) 
なんでも5週間トレーニングしたという歌もとても良かったと思います。普通に見たらステージにいる以外は駄目男なのに、繊細で何処か憎めないハンクをトムさんはその持ち前の演技力で見事に演じています。彼はアメコミだけじゃないんですよ。ボーナス特典でトムさんが、即興で歌を披露するのですが「I’m So Lonesome I Could Cly」を聴いていて、その悲しくも包み込むような優しくて温かい歌に思わず泣いてしまいました。これは必聴です。