キサラギ

このミステリー、とんでもない!

古沢良太によるオリジナル脚本を、佐藤祐市監督が映像化したサスペンスコメディ。B級アイドル・如月ミキの自殺から1年後、ファンサイトを通じて集まった5人の男たちが、ミキの死の真相をめぐって密室でスリリングな推理合戦を繰りひろげる。某ビルのペントハウスに、互いに面識のない五人の男たち(ハンドルネーム: 家元、オダ・ユージ、スネーク、安男、いちご娘。)が集まった。彼らはD級マイナーアイドル・如月ミキのファンサイトを通じて知り合い、如月ミキの一周忌の為に集まったのだった。一年前にマネージャーの留守番電話に遺言メッセージを残し、自宅マンションで焼身自殺した彼女を悼むのが会合の趣旨だったが、オダ・ユージが彼女の死因は自殺ではなく「他殺だ」と言い出したことで状況は一変する。徐々に浮き彫りになる当時の状況、次々と明かされる五人の男達の正体。如月ミキの死の真相に迫ろうとする男たちは、互いに対して不信の目を向け対立しながらも、それぞれが個人的に知り得た断片的な情報を持ち寄り推理を展開する。

原題:キサラギ / 製作:日本(2007年) / 日本公開日:2007年6月16日 / 上映時間:108分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:佐藤祐市
脚本:古沢良太
撮影:川村明弘
音楽:佐藤直紀

★【キャスト】
小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅、香川照之

【無料動画】

宇多丸が映画「キサラギ」を酷評

宇多丸が映画「キサラギ」を酷評


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2010年1月10日) 
期待しないで見たらとても面白かった!主役の5人が1年前に亡くなってしまったとあるアイドルの大ファンで、そのアイドルの一周忌を行おうと集まる。だが、ネットの掲示板で知り合っただけの初対面であるので、お互いの素性も何もわからずに話が始まり、それゆえに起こる会話のやり取りや、勘違いが楽しい。一応ジャンルはサスペンスとなっているようだが、アンジャッシュのコントのような笑いあり、涙を誘う場面もあり、いろいろなジャンルの楽しみが味わえる映画であると思った。
名無しさん(2010年1月14日) 
こういった映画があることが日本映画の救い。一つの部屋の中で繰り広げられる亡くなったアイドルとファンの関係性をうまーく表現して亡くなった原因と関連づけていくお話。5人の男の演技が光ります。出演者の晴れやかな顔、観ていた自分も温かく爽やかな気持ちになりました。二転三転する推理ドラマは、洋画邦画限らず面白いですが、本作は特に優れた完成度だと思います。キャストに関しても、小栗旬や香川照之の演技が素晴らしく、舞台の場数踏んでいるならではの実力ですね。推理の結末は、とても素敵でした。はっきり言って、映画ポスターでかなり大損している傑作の一本だと思います。邦画をあまり見ない多くの映画ファンに観て欲しいですね。