人喰猪、公民館襲撃す!

韓国モンスター・ムービー!血に飢えた巨大な人喰猪!

凶暴な巨大イノシシと人間たちの死闘を描いた韓国製モンスターパニック映画。ある日、都会から離れた平和な山村で、引き裂かれた惨殺死体が発見される。村人たちは恐れおののくが、事件の犯人は巨大な人食いイノシシだった。イノシシは次々と人間を襲い、村を混乱と恐怖のどん底に陥れていく。

原題:Chaw / 製作:韓国(2009年) / 日本公開日:2011年10月22日 / 上映時間:121分 / 製作会社: / 配給:キングレコード

★【スタッフ】
監督:シン・ジョンウォン
脚本:シン・ジョンウォン

★【キャスト】
オム・テウン、チョン・ユミ、チャン・ハンソン、ユン・ジェムン

【無料動画】

映画『人喰猪、公民館襲撃す!』 予告編

映画『人喰猪、公民館襲撃す!』 予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地(2011年12月10日) 
登場人物に何人も、キーパーソンになりそうなキャラがいて、伏線と、最後のオチとか、ついつい期待せずにいられない割に何でもなかったりして、その辺がイマイチ物足りない感が残った。でも低予算の割には頑張ってると思った。意外にいい映画です。何よりこのジャケットのフォントとビジュアルから全開で伝わってくる勢いの良さですよ。ここまで堂々と自信を持っている作品もそうそうないじゃないですか。そんなところを評価したいです。
●映画フリー (2011年12月30日) 
邦題からしてB級映画なんだと思って見たら全然そんなことはなかった。単なるモンスターパニックというわけでもなく、社会派テーマも感じられる面白い作品です。それしても韓国ではイノシシは怖い存在として認知されているのだろうか。確かに日本でも「もののけ姫」とかで巨大イノシシが描かれたりしていたから、そういう信仰みたいなものはきっとアジア圏にはあるのでしょうけど。それにしたって今作のイノシシは醜悪で怖くていいですね。
●STREAMANGO (2016年11月23日) 
巨大猪が腸の味を覚えて人間を容赦なく襲い出したため猪退治にてんやわんやする話。邦題の公民館襲撃がクライマックスかと思いきや中盤でイベント発生。後半は切羽詰まった中での猪退治で、その方法がかなり鬼畜でびっくりした。本音を言えばどうせたいしたことがない映画だと思っていたし、実際に見ている間も疑問が渦巻いていた。しかし、ふたを開けてみればどうだろう。なかなかの挑戦的な一作ではないか。結論として満足できた一作。
●BILIBILI (2016年11月26日) 
パワーワードすぎる邦題。120分は長すぎると思ったら、ほとんど本筋と関係ないシークエンスが多くてこれってどうなのと思っていたら、まさかのシチュエーション。単なる動物パニックではないのですね。モンスター物なのにコメディ分が多くて半分コメディ映画になっているので、大丈夫かと心配になるのもわかります。でも最後までぜひ観てください。「グエムル」ほどではないけど、気楽に楽しめるパニックとしてはオススメできます。