ウォーリアー

総合格闘技でぶつかり合う兄弟の愛と意地

『ザ・コンサルタント』のギャビン・オコナー監督による、アルコール中毒の父親が原因で離ればなれになっていた兄弟が総合格闘技の対戦相手として再会する姿を描いた人間ドラマ。アル中の父親から逃れるため母親と一緒に家を出たトミーが、14年ぶりに父親のもとを訪ねてきた。学生時代にレスリング選手として活躍していた彼は、高額の賞金がかけられた総合格闘技イベント「スパルタ」に出場するため、元ボクサーである父親にコーチ役を依頼する。一方、かつて格闘家の選手だったトミーの兄ブレンダンは、現在は教師として働きながら妻子を養っていたが、娘の病気に高額な医療費がかかり自己破産の危機に陥ってしまう。ブレンダンは愛する家族を守るため、総合格闘技の試合で金を稼ぐ事を決意する。

原題:Warrior / 製作:アメリカ(2011年) / 日本公開日:2015年6月15日 / 上映時間:140分 / 製作会社:Mimran Schur Pictures / 配給:ギャガ

★【スタッフ】
監督:ギャビン・オコナー
脚本:ギャビン・オコナー、アンソニー・タンバキス、クリフ・ドーフマン
撮影:マサノブ・タカヤナギ
音楽:マーク・アイシャム

★【キャスト】
ジョエル・エドガートン、トム・ハーディ、ジェニファー・モリソン、フランク・グリロ、ニック・ノルティ、ケヴィン・ダン、マキシミリアーノ・ヘルナンデス

【無料動画】

ウォーリアー(字幕版)

ウォーリアー(字幕版)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画FUN (2016年2月10日) 
元総合格闘技の選手だった学校の先生と、弟である元海兵隊員が500万ドルを賭けたリングに臨むという、これ以上ない熱い展開。両者に負けられない背景がしっかり描かれるため、観客としてはどっちも勝ってくれと思ってしまうし、先が読めないハラハラさもある。トム・ハーディの狂気を孕んだ役は恐ろしいほどだったし、ジョエル・エドガートンは、常識人でお金に悩む先生を割と淡々と演じ、終盤に爆発させて見どころを持っていく豪快さがまた怖い。
●OPENLOAD (2016年2月12日) 
スポーツ映画の金字塔と並び称されても全く問題ない。『ロッキー』との違いは絶対的な主人公がいないことだ。この映画は兄弟が戦うので、視点がひとつではない。そのため視聴者側の「最終的には主人公が相手を倒すのだろう」という安易な予測が通じない。そして、『レスラー』などとも違って孤独なドラマでもなく、彼らは家族があってこその戦う意義が生まれている。つまりは家族ドラマが中心にあるのだ。ある意味、壮大な家族喧嘩でもある。
●STREAMIN (2016年2月15日) 
最高の映画に出会えて感無量です。対照的な人生を歩み、やがてそれぞれに宿命を背負って総合格闘技の大会に出場した兄弟が辿る悲痛な運命の行方を、迫力のファイト・シーンとともに感情が爆発するように描いています。息もつかせぬ展開に涙が止まりません。単純なようで複雑な世界に終始のめり込み、気づけばあっという間の140分でした。ブレンダンの最後の愛してるはズルすぎる。ギャビン・オコナー監督は家族の話が好きなんでしょうか。