ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

9・11テロで父を亡くした少年が見つけたもの

2005年に発表され、「9・11文学の金字塔」と評されたジョナサン・サフラン・フォアによるベストセラー小説を、スティーブン・ダルドリー監督が映画化。9・11テロで最愛の父を亡くした少年オスカーは、クローゼットで1本の鍵を見つけ、父親が残したメッセージを探すためニューヨークの街へ飛び出していく。第2次世界大戦で運命の変わった祖父母、9・11で命を落とした父、そしてオスカーへと歴史の悲劇に見舞われた3世代の物語がつむがれ、最愛の者を失った人々の再生と希望を描き出していく。

原題:Extremely Loud and Incredibly Close / 製作:アメリカ(2011年) / 日本公開日:2012年2月18日 / 上映時間:129分 / 製作会社:Scott Rudin Productions / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:3800万ドル / 興行収入:5500万ドル

★【スタッフ】
監督:スティーブン・ダルドリー(関連作品:『愛を読むひと』)
脚本:エリック・ロス
撮影:クリス・メンゲス
音楽:アレクサンドル・デプラ

★【キャスト】
トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、ビオラ・デイビス、ジョン・グッドマン、ジェフリー・ライト、ゾー・コードウェル、ヘイゼル・グッドマン、スティーヴン・マッキンレー・ヘンダーソン

【無料動画】

映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
46% Rotten Tomatoes

第84回アカデミー賞で作品賞、助演男優賞にノミネート。

★【感想・批評】

●映画FUN
「僕の大事なコレクション」の原作「エブリシング・イズ・イルミネイテッド」で華やかにデビューした注目の作家ジョナサン・サフラン・フォアが9.11後の喪失と再生をテーマに描いた傑作小説、その映画化です。これまで9.11映画は数多く公開されてきたが、サスペンス的な割と真面目な作品が多い中、少し変化球を投げてきています。終わりのないように見えた鍵穴探し、それが何を意味するのか。変わった邦題の意味することは。考える価値がある。
●OPENLOAD
「お父さんはあのビルにいたんだ」少年から語られる事実。私もあの事件はニュース映像で見て、立ち尽くすしかなかった。そういう体験は、例えば、災害のシーンの報道でも同じだ。でも、関係者と第3者では感覚は変わってくるのだろうか。そんなことは経験したくもないが、考えてしまうときがある。この映画ではそのことについて頭をいっぱいにさせる。鍵の謎はあまり重要ではない。本当に大事なものは何かについて見つめてほしい。
●STREAMANGO
唯一分かりあえると言っていた愛する父親を突然亡くした時のオスカーの心情がとても繊細に表現され、子役の演技の凄まじさに震えました。そこまで難しい映画ではありません。テロ行為自体にはあまり焦点を当てていないのですが、まずあの事件がどれだけの人間の人生を狂わせたのかは理解できるでしょう。そして、もっと突き進めばその悲劇の乗り越え方とまでは言わなくても、向き合い方は知れると思います。8分間に全てが詰まってます。