モアナと伝説の海

モアナと伝説の海

ディズニーが贈る海と少女の成長物語

ディズニーの長編アニメーション。監督を務めるのは、『リトル・マーメイド』や『アラジン』といった名作を世に送り出した、ロン・クレメンツとジョン・マスカー。「海に愛される」という特別なチカラを持つ16歳の少女モアナが、ポリネシアの神マウイとともに海の怪物と遭遇しながらも航海していく海洋アドベンチャー。大昔、かつて世界を生んだ命の女神テ・フィティの心が、伝説の英雄と言われたマウイによって盗まれ、世界に闇が生まれた。それから1000年ものあいだ、モアナの生まれ育った島モトゥヌイでは、外洋に出ることが固く禁じられていた。そんなある時、島で作物や魚たちに異変が発生。海の不思議な力に選ばれた少女モアナは、いまもどこかで生きているというマウイを探し出し、テ・フィティの心を元あった場所に戻すことができれば世界を救えると知り、父親の反対を押し切り大海原に旅立つ。

原題:Moana / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2017年3月10日 / 上映時間:107分 / 製作会社:Walt Disney Animation Studios / 配給:ディズニー

【無料動画】

Olympics TV Spot – Moana
Go Behind the Scenes of Moana (2016)

(C)2016 Disney. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT×】
VOD4【Hulu×】
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket×】
VOD7【dTV×】
VOD8【au-Video×】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ
脚本:ジャレッド・ブッシュ
音楽:マーク・マンシーナ、リン=マヌエル・ミランダ

★【キャスト】
アウリィ・カラバリョ、ドウェイン・ジョンソン、レイチェル・ハウス、テムエラ・モリソン、ジェマイン・クレメント、アラン・テュディック、ニコール・シャージンガー

★【評価】
95% Rotten Tomatoes
映画.com 3.9 / 5.0
Yahoo!映画 3.99 / 5.00
Filmarks 3.9 / 5.0

第89回アカデミー賞で長編アニメーション賞、主題歌賞にノミネート。

★【雑学(トリビア)】
・短編『インナー・ワーキング』が同時上映された。

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
海の表現がとても丁寧に描かれていて、本当に綺麗なCG。海洋アドベンチャーとしても純粋に楽しい一作です。ディズニーでは珍しいというか女性を主人公にしていながら恋愛要素がないのでしっかり冒険に集中しているのもいい部分です。そして、音楽。ミュージックのバリエーションは少ないのですが、それが逆にヒロインの成長を強調するつくりになっていて凄く意味がある使い方。これまでの歌って踊っての単純なディズニーアニメとは違うのでした。
●映画FUN  
モアナの表情や仕草がとても愛らしく、これまでのディズニーのキャラクターにはない魅力があります。舞台も欧米とかの王道なお城ものじゃなくて、南国感のある島というのも新しいですね。島から出る話ですが、普通であればもっと未知の国にいくような構成にすればいいのに、それもせず、また島に戻ってくるというそれだけ。でもそこにモアナの確かな心理的変化が隠れています。それを言葉でなく、その行動で暗に示すのは案外大人な見せ方です。
ディズニー

★【ディズニー制作アニメ映画 を総復習!】

  • 第1作『白雪姫』(1937年)
  • 第2作『ピノキオ』(1940年)
  • 第3作『ファンタジア』(1940年)
  • 第4作『ダンボ』(1941年)
  • 第5作『バンビ』(1942年)
  • 第6作『ラテン・アメリカの旅』(1942年)
  • 第7作『三人の騎士』(1944年)
  • 第8作『メイク・マイン・ミュージック』(1946年)
  • 第9作『ファン・アンド・ファンシーフリー』(1947年)
  • 第10作『メロディ・タイム』(1948年)
  • 第11作『イカボードとトード氏』(1949年)
  • 第12作『シンデレラ』(1950年)
  • 第13作『ふしぎの国のアリス』(1951年)
  • 第14作『ピーター・パン』(1953年)
  • 第15作『わんわん物語』(1955年)
  • 第16作『眠れる森の美女』(1959年)
  • 第17作『101匹わんちゃん』(1961年)
  • 第18作『王様の剣』(1963年)
  • 第19作『ジャングル・ブック』(1967年)
  • 第20作『おしゃれキャット』(1970年)
  • 第21作『ロビン・フッド』(1973年)
  • 第22作『くまのプーさん 完全保存版』(1977年)
  • 第23作『ビアンカの大冒険』(1977年)
  • 第24作『きつねと猟犬』(1981年)
  • 第25作『コルドロン』(1985年)
  • 第26作『オリビアちゃんの大冒険』(1986年)
  • 第27作『オリバー ニューヨーク子猫ものがたり』(1988年)
  • 第28作『リトル・マーメイド』(1989年)
  • 第29作『ビアンカの大冒険 ゴールデン・イーグルを救え!』(1990年)
  • 第30作『美女と野獣』(1991年)
  • 第31作『アラジン』(1992年)
  • 第32作『ライオン・キング』(1994年)
  • 第33作『ポカホンタス』(1995年)
  • 第34作『ノートルダムの鐘』(1996年)
  • 第35作『ヘラクレス』(1997年)
  • 第36作『ムーラン』(1998年)
  • 第37作『ターザン』(1999年)
  • 第38作『ファンタジア2000』(2000年)
  • 第39作『ダイナソー』(2000年)
  • 第40作『ラマになった王様』(2000年)
  • 第41作『アトランティス 失われた帝国』(2001年)
  • 第42作『リロ・アンド・スティッチ』(2002年)
  • 第43作『トレジャー・プラネット』(2002年)
  • 第44作『ブラザー・ベア』(2003年)
  • 第45作『ホーム・オン・ザ・レンジ にぎやか農場を救え!』(2004年)
  • 第46作『チキン・リトル』(2005年)
  • 第47作『ルイスと未来泥棒』(2007年)
  • 第48作『ボルト』(2008年)
  • 第49作『プリンセスと魔法のキス』(2009年)
  • 第50作『塔の上のラプンツェル』(2010年)
  • 第51作『くまのプーさん』(2011年)
  • 第52作『シュガー・ラッシュ』(2012年)
  • 第53作『アナと雪の女王』(2013年)
  • 第54作『ベイマックス』(2014年)
  • 第55作『ズートピア』(2016年)
  • 第56作『モアナと伝説の海』(2016年)

サイトについて

シェアする

フォローする