デッドボール

日本で一番危険な野球をご存知ですか

誰も見たこともプレイしたこともないルール無用の非道野球バトルを描く奇想天外すぎるスプラッターコメディ。数々の凶悪犯罪で逮捕された野球ジュウベイは矯正施設に収容され、そこで野球部への入部を要請される。幼少期のある出来事がきっかけで二度と野球はしないと誓っていたジュウベイだが、生き別れた弟ムサシの居場所を教えるという条件をのみ、入部を決意。爆弾、地雷、改造金属バットなど、なんでもありの極悪非道な野球バトルに挑む。

原題:デッドボール / 製作:日本(2011年) / 日本公開日:2011年7月23日 / 上映時間:99分 / 製作会社: / 配給:日活

★【スタッフ】
監督:山口雄大
製作:杉原晃史
脚本:山口雄大、戸梶圭太
撮影:岡雅一
音楽:森野宣彦

★【キャスト】
坂口拓、星野真里、蜷川みほ、須賀貴匡、ペ・ジョンミョン、播田美保、ミッキー・カーチス、山寺宏一、田山涼成

【無料動画】

[Trailer] Deadball

[Trailer] Deadball

(C)2011 SUSHI TYPHOON/NIKKATSU


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地(2017年8月13日) 
いろいろツッコミどころ満点な作品。ある意味、スポーツにとんでもない要素を混ぜるジャンルの王道ともいえる。「少林サッカー」とか。たぶんそのノリで作ったのだろう。なので開き直れば普通に楽しいし、笑えるはずです。それにしても、この監督が「HiGH&LOW THE RED RAIN」の監督で撮るとは誰が想像しただろうか。まさかのステージアップに、それはホームラン級の荒業なのか、文字通りデッドボールなのか、ちょっとよくわからない。
●映画フリー (2017年8月29日) 
なんだろう、小学生が思いついたアイディアをそのまま映像化しました、みたいな作品です。R15だけど、発想は子どもっていうのはどうなんだという感じですが、そういう作品ならしょうがない。心の包容力を最大にして、徹底的に楽しむとげらげら笑えると思います。パッケージを一瞥すればそのマヌケさはじゅうぶん伝わってくると思いますけど、もしかしたら王道のスポコンだと勘違いしている人もごくまれにいるかもしれないですから。
●BILIBILI (2017年9月10日) 
「珍遊記」などを撮っている山口雄大監督の初期…でもないけど、2011年の作品。一応、野球の試合をやることになるのだけれどもほとんど野球にはなっておらず、ただ殺し合っているだけなので、間違っても適正なルールに基づく野球映画を期待してはいけませんよ。あくまで殺戮映画です。頭の中は「野球」という概念を忘れて、脳みそを取り出してグラウンドの土でも詰め込んでおけばいいです。最悪、頭部ごと置いてきても構いません。
●VIDEOEYNY (2017年10月18日) 
山口監督は期待を裏切らない。成長盛りの高校生を炎天下で活動させ、グラウンドに女子が立ち入ればこぞって批判するそんな甲子園という忌まわしい古い慣習が巣くう大人の闇に鉄槌を下すために作られた映画…ではない。中身としては、子ども向け漫画雑誌に載っているギャグをそのまま映像化してしまったノリである。大変痛々しいことになっているが、それでも愛せるという心がスタジアムのようにデカイ人はぜひ今作を鑑賞してほしい。