バクマン。(実写映画)

漫画家になるために青春を捨てた!

原題:バクマン。
製作:日本(2015年)
日本公開日:2015年10月3日
上映時間:120分
製作会社:東宝映画
配給:東宝
製作費:
興行収入:

「デスノート」の原作者・大場つぐみ&小畑健による大人気コミックを、「モテキ」の大根仁監督のメガホンで実写映画化。高い画力に恵まれながらも夢を持たず普通の生活を送ってきた高校生の真城最高は、同じクラスの秀才・高木秋人から一緒に漫画家になろうと誘われる。プロの漫画家だった叔父を過労で亡くした過去を持つ最高は漫画を描くことを拒否するが、思いを寄せる声優志望のクラスメイト・亜豆美保と交わした約束をきっかけに漫画家を目指すことに。週刊少年ジャンプでの連載を目標に漫画づくりに励む最高と秋人は、敏腕編集者・服部に才能を認められ漫画家としての第一歩を踏み出す。しかし、そんな2人の前に同年代の天才漫画家・新妻エイジが現われる。

★【スタッフ】
監督:大根仁
脚本:大根仁
撮影:宮本亘
音楽:サカナクション

★【キャスト】
佐藤健、神木隆之介、小松菜奈、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、宮藤官九郎、山田孝之、リリー・フランキー、染谷将太

【無料動画】

「バクマン。」予告

「バクマン。」予告


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

映画フリー (2016年1月15日) 
漫画の実写化といってもアクションではないので、かなり違和感なく映画化できていたと思います。漫画の世界、特に週間連載の過酷さは読者には計り知れない世界だということが伝わると同時に、漫画に対するリスペクトがこれでもかという熱量で詰まっていて、感動です。それが最高潮に達するのはエンドロールです。あれを見た瞬間、この映画を鑑賞して本当に良かったと心から思えたのでした。やっぱり漫画とアニメは日本が誇る最高の芸術ですね。
BILIBILI (2016年2月15日) 
漫画の実写化はがっかりさせられる作品が多いのだけど、原作に遜色ないキャラ達にまず驚嘆! 最初は大丈夫かと心配した主役の二人も見事にハマっているじゃないですか。今ではこのキャスティングを疑っていた過去が信じられないです。また、小松菜々の二次元的存在感は素晴らしく、理想的すぎる俳優陣でした。ここまで完璧な漫画の実写も他にないのではないかと思うほど。正直、まだまだ彼ら彼女らをずっと見ていたかったのが本音です。
PARAVI (2016年3月15日) 
ジャンプの三大原則である「友情、努力、勝利」。それは漫画の世界だけでなく、作り手の世界でも存在していたのである。この映画化がここまで成功したのは、クリエーターの苦悩が映画の製作の苦悩とも一致する点が大きいのではないだろうか。どの業界も作品を作るのは大変なのだ。こういう世界を知ってしまうと、今まで偉そうに作品を好き勝手に評してきた観客として少々気まずい気持ちにもなる。作品はどうであれ、作った人は凄いのだ。