ガーディアンズ 伝説の勇者たち

世界の危機に立ち上がったのはあの妖精たちだった

「パシフィック・リム」のギレルモ・デル・トロが製作総指揮を手がけ、世界を救うため立ちあがった妖精たちの戦いを描いたドリームワークス製ファンタジーアニメ。いたずら好きの妖精ジャック・フロストは、悪の精霊ピッチが人間の子どもに悪夢を見せて世界を闇に変えようとしていることを知る。サンタクロースのノースからピッチを阻止するよう頼まれたジャックは、仲間の妖精たちと共に戦うことを決意する。

原題:Rise of the Guardians / 製作:アメリカ(2012年) / 日本公開日:2013年11月(DVDスルー) / 上映時間:97分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

ガーディアンズ 伝説の勇者たち – 予告編

ガーディアンズ 伝説の勇者たち - 予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ピーター・ラムジー
脚本:デビッド・リンゼイ=アベアー
音楽:アレクサンドル・デプラ

★【キャスト】
クリス・パイン、アレック・ボールドウィン、ジュード・ロウ、ヒュー・ジャックマン、アイラ・フィッシャー

★【感想・批評】

●映画フリー
ウィリアム・ジョイス原作の単行本に基づいたフル3DCGアニメで、あんまり興行収入が良くなかったそうだが、全くそんな悪い評判は消し飛ぶくらい面白かった。単に知名度がなくて売れなかっただけ、いわゆる隠れた名作というやつです。製作総指揮にあのギレルモ・デル・トロ様が重鎮されているわけですから、面白くないわけがない。キャラはみんな可愛くて個性があって、相当に作りこまれている熱量が伝わる映画です。観ていないならぜひ。
●映画FUN  
アクションアニメが好きな方には絶対オススメの作品です。欧米を中心としたおとぎ話の住人たちが子どもたちを守るために戦うストーリーですが、このアニメはとにかく空間を使った壮大な魔法戦闘の演出が上手いです!たぶんパッケージを見た人は、きっと子ども向けのかる~いお話でしょと舐めていると思いますが、全然そんなことはない。こんな心躍るアツい物語だとは予想外で、最高の拾い物をした感覚になれます。こんな名作があったとは。
●SPACEMOV
個人的にCGアニメに違和感が拭えないと思っていたのだが、この作品はキャラの生き生きとした表情が良くできていてあまり不思議と嫌な感じはしない。それに話自体は王道で、季節を巡るような四季のあるわかりやすさがアニメ慣れしていない自分でも入りやすかった。サンタクロース・イースターバニー・歯の妖精・ザントマンたち戦い方もユニークで、常に楽しい作品になっており、意外性があるわけでもないが、それでも満足するにはじゅうぶんだ。
●CRUNCHYROLL
ジャックフロストは、イングランドの民間伝承に登場する存在で、寒さを具現化する霜の妖精もしくは民話上の怪物だそうです。全然日本では知名度がないのでまずそこから説明が必要になる。それにしても今作のガーディアンズはヒーローっぽい名前がついているが、決してそういうジャンルでもない。ファンタジーです。ドリームワークスのこれ以上ない飾らないストーリーテリングは変な味付けもないので、素直に見れてとても楽しいのでした。