ちょんまげぷりん

ちょんまげぷりん

江戸時代の侍、プリンづくりに夢中です

中村義洋監督が、荒木源の小説「不思議の国の安兵衛」を映画化。人気アイドルグループ「NEWS」「関ジャニ∞」の錦戸亮が映画初主演を務める。忙しい日々をおくるシングルマザーのひろ子は、江戸時代からタイムスリップしてきた侍・安兵衛と出会い、なりゆきから家に居候させることに。安兵衛は家事のすべてを引き受け、やがてプリンをきっかけにお菓子作りに目覚めていく。プリンに闘志を燃やす侍はどこへいくのか…。

原題:ちょんまげぷりん / 製作:日本(2010年) / 日本公開日:2010年7月31日 / 上映時間:108分 / 製作会社: / 配給:ジェイ・ストーム

★【スタッフ】
監督:中村義洋
脚本:中村義洋
撮影:小林元
音楽:安川午朗

★【キャスト】
錦戸亮、ともさかりえ、今野浩喜、佐藤仁美、鈴木福、忽那汐里

【無料動画】
(C)2010 J Storm Inc.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地(2011年1月10日) 
面白いの?と思ったが、良い意味で期待を裏切ってくれたという印象。非常にストーリーが良くできている!と感心。さらっと観るつもりだったけど、あれ良作を見つけられたぞ、となりました。しかも、江戸や侍を扱っているので、外国の方に観てもらえたらもっと喜ばれそう。ただあれです。侍はプリンを作る職業ではないということをわかっているという大前提がありますけど。そうじゃないとプリンに変なイメージがついてしまいますからね。
●映画FUN (2011年2月10日) 
タイムスリップものであるが、なかなかどうしてよく出来ている。ストーリーの根幹自体は、どこかで見たことあるようなものだが、現代の食文化と古代のお侍さんとの不思議な組み合わせによるバランスを持ってきたのが良かった。侍の風情やたたずまい、子供を一喝するシーンなど思わず笑ってしまうこと請け合い。最初は飽きるかな?って思ったけど、普通の現代社会に侍がいる感じに慣れてきたら、その侍がアクセントになって飽きずに鑑賞完了。
●BILIBILI (2016年2月17日) 
ジャニーズはネット上で当人の画像を使えないという決まりがあるのは承知の事実ですが、そのせいで今作のパッケージはとにかく意味不明なものになっています。映画とは全然関係ないですけど、とても悲しいというか、これじゃあアイドルが可哀想です。それはさておき、映画の内容は侍部分は演劇レベルの飾りであって、大人気アイドルがプリンを作るなんて可愛い!というファンを満足させるための映像集です。気楽に見ましょう。
●VIDEOEYNY (2016年2月26日) 
侍がタイムスリップして現代にきて、シングルマザーの家に居候をし、パティシエになる。この奇想天外なストーリーをとくに工夫もなく、さも当然のように成立させる。凄い力技だ。なぜスイーツなのか。それは当然、女性ウケがいいから。他に理由なんてない。侍なのだからもっと力仕事すればいいし、そもそもこの江戸時代なら男が料理するなんてありえないだろうに、そんな時代考証は関係ない。とにかくスイーツなことをしたかっただけなのだ。