レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで

レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで

夫婦の崩壊はいつから始まっていたのだろうか

「タイタニック」のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが11年ぶりに共演し、ある夫婦の夢や葛藤を描いた人間ドラマ。1950年代アメリカ・コネチカット。フランクとエイプリルは、子供にも恵まれ幸せに暮らしていた。郊外の「レボリューショナリー・ロード」と呼ばれる通りに面した庭付きの一軒家、都会の大企業への電車通勤、週末のリゾートへの小旅行。まさに二人は戦後のアメリカが黄金期を謳歌していた時代の体現者だった。だが、2人はそんな暮らしにどこか閉塞感を抱いており、絵に描いたような幸福な家族の崩壊は静かに間近に迫っていた。

原題:Revolutionary Road / 製作:アメリカ(2008年) / 日本公開日:2009年1月24日 / 上映時間:119分 / 製作会社:BBC Films / 配給:パラマウント・ピクチャーズ・ジャパン / 製作費:3500万ドル / 興行収入:7500万ドル

【無料動画】

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで - 予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:サム・メンデス
脚本:ジャスティン・ヘイス
撮影:ロジャー・ディーキンス
音楽:トーマス・ニューマン

★【キャスト】
レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャスリン・ハーン、マイケル・シャノン、キャシー・ベイツ、デヴィッド・ハーバー、ライアン・シンプキンス、タイ・シンプキンス、ディラン・ベイカー、ジェイ・O・サンダース、リチャード・イーストン

★【評価】
Rotten Tomatoes 67%

第66回ゴールデングローブ賞で最優秀主演女優賞(ドラマ)を受賞。

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月9日) 
国は違えど夫婦のすれ違いって、どこでも同じなんだなと思います。ゾッとする展開が待っているわけですが、決して他人事じゃないような。どの夫婦も爆弾を抱えて生きているし、その爆弾がまるでないかのような振る舞いを世間に見せて何食わぬ顔をしている。でも、それがいつかバレてしまい、瓦解する瞬間を常に恐れている。この気持ちを理解できる現役夫婦はたくさんいるはず。そういう意味ではこの映画は観てはいけないものを見せてくれる。
SPACEMOV (2016年3月24日) 
大人になってから見直すと、うずく部分や余韻が異なると感じた作品。ぜひ年を重ねた後にもう一度鑑賞すべきです。見終わった後も不意にこの映画のことをぼんやりと思い出す。何が良くて、何が駄目だったのか。正しいのか、間違っていたのかも分からない。無情にもその時々に何らかの選択をしなければいけない。たぶんこの映画にピンとこない人はその危機を体験していないか、自覚していないだけ。それはきっといつか訪れるのですから。
STREAMIN (2016年5月16日) 
ハッピーエンドな夫婦モノかと思って観たら、いい意味で裏切られた。全然違う。精神的な痛みを感じる血みどろの夫婦喧嘩話。ゆったりと静かな物語運び、ロジャーディーキンスの撮影による美しいシーンの数々、無駄なものが削ぎ落とされ、主演俳優二人の演技に見事にフォーカスされている。これはレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの演技のぶつかり合いが凄い。タイタニックの真逆のことをさせているのも皮肉なキャスティング。