ピンクとグレー

世界が変わるその瞬間にあなたは何を想う

ジャニーズの人気グループ「NEWS」の加藤シゲアキが2012年に発表した処女小説を行定勲監督が映画化。脚本を担当する若手劇作家・蓬莱竜太と行定監督が原作を大胆にアレンジして再構成し、小説では明かされなかったエピソードも描く。人気俳優の白木蓮吾が急逝した。自殺か他殺かも判明しない中、彼の少年時代からの親友で死の瞬間にも立ち会った売れない俳優・河田大貴に世間の注目が集まるが…。

原題:ピンクとグレー / 製作:日本(2015年) / 日本公開日:2016年1月9日 / 上映時間:119分 / 製作会社:角川大映スタジオ / 配給:アスミック・エース

★【スタッフ】
監督:行定勲(関連作品:『真夜中の五分前』、『世界の中心で、愛をさけぶ』)
脚本:蓬莱竜太、行定勲
撮影:今井孝博
音楽:半野喜弘

★【キャスト】
中島裕翔、菅田将暉、夏帆、柳楽優弥、岸井ゆきの、千葉哲也、マキタスポーツ、入江甚儀、橋本じゅん、矢柴俊博、宮崎美子

【無料動画】
https://youtube.com/watch?v=sDrLlPCW-Qo
(C)2016「ピンクとグレー」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
映画.com 3.2 / 5.0
Yahoo!映画 3.29 / 5.00
Filmarks 3.4 / 5.0

★【インタビュー】
・菅田将暉「やはり、62分後の仕掛けですよね!ずるいなと思いました」
・夏帆「実は撮影前に普段、連絡が来ないような人からも連絡が来たんですよ。「次、行定組やるんだって?体に気を付けてね」って(笑)」

★【雑学(トリビア)】
・第20回釜山国際映画祭「アジア映画の窓」部門へ正式出品された。

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●映画の無料動画で夢心地(2016年1月27日)
これは絶対にネタバレできないタイプですね。前半は劣等感の描きの巧さ、後半は人物の描き方、演技、演出…これらのミックスがどう上手くかみ合っているかを評価する目線によって印象は変わると思います。とくにキャラクターを演じる俳優のパワーが凄まじく、思わず圧倒されてしまいました。あのオチというか、仕掛けは少々ズルいですが、個人的には全然アリで、むしろそれを映像化したこの映画の製作陣の創意工夫には拍手を送りたい気分です。
●BILIBILI (2016年1月28日) 
芸能人が芸能界の裏の出来事を演じているのでそれが真実かは知りませんが、嫌にリアリティがあって、どこまでが素で、どこからが演技なのか分からなくなるという、このあやふやさがクセになります。タイトル通りに切り替わる王道ですらあるようなトリッキーな演出を始め、行定監督は流石の手腕を披露し、ニヤリとさせられます。伏線の弱かった終盤のネタばらしなど、いろいろ言いたい部分も多いのが気になるでしょうが、そこは人それぞれで。