X-MEN:フューチャー&パスト

過去と未来が交差する「X-MEN」シリーズ

「X-MEN」シリーズ通算7作目で、シリーズ1作目「X-MEN」の前日譚を描いた「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」(2011)の続編。2023年、バイオメカニカルロボットのセンチネルの攻撃により、X-MENと地球は危機的状況に陥る。プロフェッサーXは宿敵マグニートーと共闘し、1973年にウルヴァリンの魂を送る。しかし、1973年の地球でセンチネル・プログラムの開発を阻止しようとする間も、2023年では地球滅亡の危機が迫っており…。

原題:X-Men: Days of Future Past / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開日:2014年5月30日 / 上映時間:132分 / 製作会社:Marvel Entertainment / 配給:20世紀フォックス / 製作費:2億ドル / 興行収入:7億4700万ドル / 前作:『X-MEN:ファースト・ジェネレーション

★【スタッフ】
監督:ブライアン・シンガー
脚本:サイモン・キンバーグ
撮影:ニュートン・トーマス・サイジェル
音楽:ジョン・オットマン

★【キャスト】
ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マカボイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ハル・ベリー、ニコラス・ホルト、アンナ・パキン、エレン・ペイジ、ピーター・ディンクレイジ、イアン・マッケラン

【無料動画】

映画『X-MEN:フューチャー&パスト』日本オリジナル本予告

映画『X-MEN:フューチャー&パスト』日本オリジナル本予告


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月5日) 
旧3部作と新3部作を繋ぐ橋渡し的な役割の1作であり、ちょっと混乱するけど秀逸。とにかく夢中の2時間だった。旧作と新作を架け橋のように絶妙に繋げている。現在の世界を救うためにタイムスリップして過去を変えるという、よくこんな脚本考えたなと思うほど複雑で濃い内容。史実の出来事なんかも上手いことストーリーに組み込んでいて、フィクションなんだけど、やけに現実味がある。初心者にはとっつきにくいと思うけど、気にせずOK。
OPENLOAD (2016年1月28日) 
X-MENシリーズ的に今作は非常に重要で、言わばスタート地点のようなものである。それほど深く考えていなかったが、この手の歴史改変作品はリセットボタンを押したのと同じ。全てを今作から変えた、そういう意味では「フューチャー&パスト」の残した業績は偉大。そして新旧キャストによる夢の共演は、アベンジャーズに負けずと劣らず、素晴らしい興奮を与えてくれた。X-MENユニバースを新しく構築した作品として貴重なのな一作だ。
STREAMIN (2016年3月22日) 
今回登場のクイックシルバーが好き過ぎる! キャラについてはそれだけでじゅうぶん。とにかく本作の特筆すべきはシナリオだ。未来と過去の同時進行、このシリーズ世界の年表の整合性、旧三部作の続編でありながら新三部作の二作目という不思議な立ち位置。作品をあまり知らない者を置いていかざるをえない映画というメディアには不向きかもしれないストーリーをきちんと形にしたスタッフの手腕に拍手を贈りたい。ここから始まるのです。