アルビノの木

白い鹿と人間のドラマ

数々の短編映画を手がける金子雅和監督の「すみれ人形」に続く長編第2作。農作物を荒らす害獣駆除会社で働くユクのもとに高額報酬の仕事の依頼が舞い込んだ。それはかつて鉱山として栄えた山あいの村で、「白鹿様」と呼ばれる鹿を秘密裏に撃つことだった。ユクは普通の鹿と異なるというだけで害のない動物を殺すことに多少の疑問を感じながらも、山に分け入っていく。山の集落で静かに暮らす人びとと出会い、山々や木々など圧倒的な自然に触れるユクの前に白い鹿が現れる。

原題:アルビノの木 / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年7月16日 / 上映時間:86分 / 製作会社: / 配給:マコトヤ

【無料動画】

映画『アルビノの木』予告編

©kinone 2016|JAPAN|COLOR|2.0ch & 5.1ch|shot by NIKON D7100|screened by DCP & Blu-Ray Disc|86minutes


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:金子雅和
脚本:金子雅和、金子美由紀
撮影:金子雅和
音楽:石橋英子

★【キャスト】
松岡龍平、東加奈子、福地祐介、山田キヌヲ、長谷川初範、増田修一朗、尾崎愛、松蔭浩之、細井学、松永麻里、山口智恵

★【感想・批評】

●映画フリー 
とにかく、日本の自然の吸い込まれるような美しさにはため息がでる。映像にこだわりを持つ監督の誠実さ、真摯さが、全体に伝わってきた。出てきた人間たちに感じた妙な感覚は「ズレ」とでも言おうか。たとえば主人公ユクは、会話のテンポが微妙に遅れる。それを「間」とみるか、演技の拙さとみるか。もし、ユクの躊躇や悩みを表現するためにあえてそうしているのならすごい。この解釈に委ねるスタイルは、考察好きにはたまらないだろう。
●映画の無料動画で夢心地 
白鹿様を付け狙うユクが、いつしか駆除の理由に迷い、森のなかで幻想に惑わされていくのではないかという危うさを期待していた。全体に、ゆるぎなき美しき自然と、揺らぎ惑う人間との対比。最後、結局ユクは利用されただけなのか? あの最後に現れたものは、過ちは繰り返すのだと言いたいのか? そんな余韻で幕を閉じるのは、ずるい。非常に丁寧で繊細で、かつ大胆な作品であり、そのまるで自然のような壮大で奥深さをたずさえた映画でした。
●SPACEMOV
映画で語る現代の寓話は人と自然というテーマ。定番ではあるが、語るには事欠かない内容であり、いくらでも掘りがいがある。監督が構想8年でロケハンで見つけ出した場所という、舞台はそうとう気合が入っている。この選択は間違いなく効果的に物語を押し出すうえで威力を発揮している。たぶんだが、これがなければ映画にはしなかったはずだ。あの空気感は日本らしいというよりも、まるで神話の世界の異世界的な空間に思えるほどの神妙さ。
●DAILYMOTION
若者が「村」を嫌う理由は、不便さだけではない。村独自の、堅苦しい宗教にも似た人間関係の緊密さによる束縛だろう。それをなぜか田舎の当人は理解していない。反応がマヒしているのか。奇妙なものである。自然への畏怖と畏敬の念というものをナチュラルに描きつつ、この作品は人間社会の違和感を浮き彫りにする。自然と人間の対立と聞くと少し説教臭いが、そこに嫌悪して作品を観ずに判断するのでなく、この真面目な視点に向き合ってほしい。