インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国

史上空前の冒険が再び始まる

89年のシリーズ第3作「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」以来19年ぶりの続編。米ソ冷戦下の1957年を舞台に、南米アマゾンの山奥に眠る秘宝クリスタル・スカルを巡って、考古学者インディとソ連の精鋭部隊が争奪戦を繰り広げる。アメリカでマッカーシズムが吹き荒れた1957年。イリーナ・スパルコ率いる偽装アメリカ陸軍に拘束されたインディアナ・ジョーンズと相棒ジョージ・マクヘイルは、翌日に近くで核実験が行われるネバダ州のアメリカ軍施設”エリア51″内にある政府の機密物保管倉庫へ連行されてしまう。

原題:Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull / 製作:アメリカ(2008年) / 日本公開日:2008年6月21日 / 上映時間:122分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 – 予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:デビッド・コープ
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:ジョン・ウィリアムズ

★【キャスト】
ハリソン・フォード、ケイト・ブランシェット、シャイア・ラブーフ、カレン・アレン、レイ・ウィンストン、ジョン・ハート、ジム・ブロードベント

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
おなじみのアドベンチャーもこうも続くとは。かなり複雑だけど、観れるだけ見とくか。出演者とキャラクターも、それぞれが魅力的で印象に残りました。先日、惜しくもこの世を去ったジョン・ハートが頭の可笑しな役を好演。常に忘れられないキャラを演じてきた俳優だけに、本作でも新たな印象を刻み込み、そんなに大きな役ではないけれど、その姿を見られて良かったです。これが今後どんな位置づけになるのかがわからないですが、ワクワク。
●映画フリー
楽しかった。悪役のケイト・ブランシェットもハマっていて、その存在感が大きすぎるために、彼女の部下の軍人キャラの殆どが空気に等しくなっているほどですが、悪役として申し分無く、キャラの設定の面白さも手伝い、彼女の出ないシーンが僅かながらに退屈したほど素敵なキャラとなっていました。クリスタルスカルというこれまたベタなアイテムをめぐる大冒険も王道さも守ってあって、素直にエンターテインメントを満喫しました。
●OPENLOAD 
まさか4作目ができるとは思わなかったです。インディ・ジョーンズシリーズはアクション、アドベンチャーだと思います。しかし今回はSFが多かったと思います。ひとつ言いたいのは1作目のレイダースは見たほうがよいと思います。インディはもちろんのこと、新キャラもとっても魅力的でした! やっぱり昔のキャラばっかりでは、ただの同窓会。ケイト・ブランシェットさま。悪役も似合いすぎです! シャイヤ・ラブーフは完璧な相棒役でした。
●FANDANGONOW 
スピルバーグ作品の中でも下の方なんていうけど、それでも一般の作品よりも平均上をいっていました。虫が多く登場するのも「魔宮の伝説」と共通するところで悪趣味に走っていて、監督らしさのひとつ。ハリソン・フォードの年齢感が増して、普通の探検家らしい定番の雰囲気になったので、そこは良かった。貫禄が出てきたハリソンフォードの魅力があれば、まだまだ続けられる。この2008年の一作で終わってしまうのはさすがにないだろう。
スピルバーグ

★【スティーヴン・スピルバーグ監督作 を総復習!】

  • 『激突!』(1971年)
  • 『続・激突! カージャック』(1974年)
  • 『ジョーズ』(1975年)
  • 『未知との遭遇』(1977年)
  • 『1941』(1979年)
  • 『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981年)
  • 『E.T.』(1982年)
  • 『トワイライトゾーン 超次元の体験』(1983年)
  • 『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』(1984年)
  • 『カラー・パープル』(1985年)
  • 『太陽の帝国』(1987年)
  • 『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』(1989年)
  • 『オールウェイズ』(1989年)
  • 『フック』(1991年)
  • 『ジュラシック・パーク』(1993年)
  • 『シンドラーのリスト』(1993年)
  • 『ロスト・ワールド ジュラシック・パーク』(1997年)
  • 『アミスタッド』(1997年)
  • 『プライベート・ライアン』(1998年)
  • 『A.I.』(2001年)
  • 『マイノリティ・リポート』(2002年)
  • 『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(2002年)
  • 『ターミナル』(2004年)
  • 『宇宙戦争』(2005年)
  • 『ミュンヘン』(2005年)
  • 『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』(2008年)
  • 『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』(2011年)
  • 『戦火の馬』(2011年)
  • 『リンカーン』(2012年)
  • 『ブリッジ・オブ・スパイ』(2015年)
  • 『BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(2016年)
  • 『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』(2017年)
  • 『レディ・プレイヤー1』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする