アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ

トマトじゃないよ、ドーナツだよ

1978年のカルトホラー「アタック・オブ・ザ・キラー・トマト」にオマージュを捧げ、凶暴な人喰いドーナツに襲われた人々の運命を描いた青春ホラーコメディ。ロサンゼルスにある小さなドーナツ店で働くドジな青年ジョニーと同僚の美女ミシェル。ある日、ジョニーの叔父が怪しげな実験の末に完成させた「人間を襲う凶暴な遺伝子」を誤ってドーナツ店の厨房でばらまいてしまい、恐ろしい「キラー・ドーナツ」が大量に誕生する。事態に気づいたジョニーとミシェルは、ドーナツ店の客たちに群れをなして襲いかかるキラー・ドーナツたちを退治するべく立ち上がるが…。

原題:Attack of the Killer Donuts / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2016年7月17日 / 上映時間:85分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:スコット・ホイーラー
撮影:ハワード・ウェクスラー
音楽:ジョエル・ソメイラン

★【キャスト】
カイラ・コンプトン、クリスティーン・ヌエン、ジャスティン・レイ、アリソン・イングランド、C・トーマス・ハウエル、マイケル・スワン

【無料動画】

殺人ドーナツを倒せっ!映画『アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ』予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年8月3日) 
始まった瞬間から主人公の老け顔に笑い、ビッチで金媚びてくる女の子のケツアゴに笑い、警察官のクレイジーな会話に笑い、ピョンピョン跳ねるドーナツと安っぽいグロシーンに笑い、超楽しかった。無論、クソ・オブ・クソ映画であることは間違いない。というか、史上最低レベルではないか。なぜこれを作ろうと思ったのか理解に苦しむが、きっとノリなんだろう。たぶんそれだけの無垢な感情から生まれたのだ。全く人間ってやつは愚かだぜ。
SPACEMOV (2016年8月6日) 
ミスドでドーナツを買ってきましょう(コンビニドーナツでも可)。そしてリラックスできる環境でダラダラしながらいざ視聴です。最近見た映画で最もクソだが見飽きることのない素晴らしい映画は他にない。クソ映画のくせにホラー映画のお約束はしっかり踏まえているところも小憎らしい。ドーナツのくせに。ドーナツを倒すのも単なるハエたたきみたいな感じで基本的に蚊を倒すかのごとくなノリなので、あまり怖くはありませんがとにかくアホです。
DAILYMOTION (2016年8月7日) 
伝説的カルト映画アタックオブザキラートマトにオマージュを捧げたB級ならぬZ級カルトコメディホラー。このくらいのカルトチープさが個人的には最高にツボ。なんとなく優しい気持ちで観れました。やっぱり低予算ドB級なのでCGや役者の安さは目に付きますが、そこまでひっくるめてくだらないノリを広い心で受け止める感じでぼんやり楽しめました。グロはチラ見せ程度で抑えめでオナラとかちょっとあるぐらいなので見やすいかと。何を見やすいというかは人それぞれですがね。