シアター・プノンペン

映画史に隠された母の真実

原題:The Last Reel
製作:カンボジア(2014年)
日本公開日:2016年7月2日
上映時間:105分
製作会社:
配給:パンドラ
製作費:
興行収入:

これが初監督作となるカンボジアの新鋭女性監督ソト・クォーリーカーが手がけ、2014年・第27回東京国際映画祭「アジアの未来」部門で国際交流基金アジアセンター特別賞を受賞した作品(映画祭上映時タイトル「遺されたフィルム」)。カンボジアの首都プノンペンに暮す女子大生ソポンは、ある日、映画館で1970年代のポル・ポト政権下に作られた古い映画の存在と、そこに若き日の母が出演していたという事実を知る。しかし、母は自分が女優であったことを全く語ろうとしない。その映画をどうしても見たいと思うソボンは映画のフィルムを探し始め、ポル・ポト時代に蹂躙された母国の映画史を発掘していくことになる。

★【スタッフ】
監督:ソト・クォーリーカー
脚本:イアン・マスターズ
撮影:ボニー・エリオット
音楽:クリストファー・エルベス

★【キャスト】
マー・リネット、ソク・ソトゥン、トゥン・ソーピー、ディ・サーベット、ルオ・モニー

【無料動画】

「シアター・プノンペン」予告編

「シアター・プノンペン」予告編

(C)2014 HANUMAN CO.LTD


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2016年8月1日) 
どんな国にも凄惨な歴史がある。それを語ることすらしないほどの負の過去が横たわっている。たった40年ほど前に起きた悲惨で残虐な出来事。その時代に生きていた人、まだ産まれてなかった人、そして傷つけた者と負った者。それぞれの目線で「映画」というツールを通して残酷にも生々しく描かれていく。元クメール ルージュの父親が被害者の頭蓋骨を抱えながら語るシーンは胸に迫る悲壮感と恐怖感だった。これがリアルなのがとにかく怖い。
OPENLOAD (2016年8月3日) 
カンボジアの女性監督の作品。現代のカンボジアに生きる一人の女の子が1970年代にカンボジアで撮られた一本の未完成映画に出会うことで、彼女の住む土地、歴史、両親のことに踏み込んでいく話。恥ずかしながらわたしはこの映画を見るまで、1970年というそう遠くない過去にカンボジアでクメールルージュによる虐殺があったことや、この映画の題材になっている文化の破壊があったことも知らなかった。そんな私のような人のためにある映画だ。
DAILYMOTION (2016年8月5日) 
カンボジアにも映画が根付いていて、悲惨な歴史の中で多くの映画人が粛清によって亡くなり、その事実をまたこうして映画にするものが現れて、私たちに事実を見せてくれる。あらためて映画って凄いなと思う。当時の弾圧は、知識人やその関係者に対する強制労働や殺戮に発展したとされ、実際に多くの映画監督や俳優が無残に殺された。戦争は映画さえも殺すのだ。カンボジアの人達がいつか少しでも痛みを忘れられる日が来る事を切に願いたい。