親愛なるきみへ

親愛なるきみへ

その2週間は永遠になった

『メッセージ・イン・ア・ボトル』『きみに読む物語』で知られるニコラス・スパークス原作のベストセラー「きみを想う夜空に」を、名匠ラッセ・ハルストレムが映画化したラブストーリー。ドイツ駐在の特殊部隊兵士ジョンは、アメリカ帰郷中に女子学生サバナと出会う。2人はあっという間に恋に落ちるが、ジョンの仕事のために離ればなれにならざるをえなくなる。文通によって遠距離恋愛で関係を保ち続け、ジョンの除隊後に結婚を約束する2人だったが、9・11の同時多発テロ事件が発生してしまう…。

原題:Dear John / 製作:アメリカ(2010年) / 日本公開日:2011年9月23日 / 上映時間:108分 / 製作会社:Relativity Media / 配給:プレシディオ

【無料動画】

映画『親愛なるきみへ』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix
▼Gyao(登録必要なし)
▽過去に無料配信されました
Gyao

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ラッセ・ハルストレム(関連作品:『HACHI 約束の犬』)
脚本:ジェイミー・リンデン
撮影:テリー・ステイシー
音楽:デボラ・ルーリー

★【キャスト(キャラクター)】
チャニング・テイタム(ジョン・タイリー)、アマンダ・セイフライド(サヴァンナ・リン・カーティス)、ヘンリー・トーマス(ティム・ウェドン)、スコット・ポーター(ランディ・ウェルチ)、ブリーデン・リード(アラン)

★【感想・批評】

●映画フリー
この映画でチャニング・テイタムもアマンダ・セイフライドも好きになったという人も多いのではないでしょうか。それくらい魅力的に輝いていました。チャニング・テイタムのここまで純粋なロマンス的主役キャラは最近では珍しくなりつつありますが、やはりそういう人物も似合いますね。ラブロマンス映画の代表作となるような作品でここまでの名演はさすがです。何年もたっても思い続ける愛、ベタかもしれませんが、やっぱり欠かせないですよ。
●映画の無料動画で夢心地 
恋愛映画ではありますが、テロ事件もカギとなっており、いわゆる普通のロマンスとはまた違ったエッセンスが楽しめる。兵士が休暇中だけはぐくむ愛。確かにちょっと非現実的かもしれないが、当時のアメリカの悲壮感の裏返しとして、こういう作品を求める声があったのだろうなということは容易に想像がつく。あっという間に過ぎていく2週間の恋と、会えなくなる失望感。恋愛に限らず、きっと多くのアメリカ人が抱えていた気持ちなのでしょう。
●STREAMANGO
煮え切らないけど、悪い終わり方ではないだろうという複雑な気分。メールもSNSもある時代に、手紙を送り合うという古典的なスタイルは今では懐かしいを通り越して若い人には新鮮かもしれない。アマンダの圧倒的な可愛さと、チャニングテイタムの整った顔で、かなり支えられているところもあるかな。しかし、王道なロマンスを期待していると、度肝を抜くような意表がつかれてちょっと困惑。チャラチャラした軽めの恋愛では全くないので覚悟して。