パレードへようこそ

社会を変えるために大事なもの、それは団結!

イギリスで実際にあった炭鉱労働者たちのストライキと同性愛者たちの友情を、カルチャー・クラブ、ザ・スミス、ブロンスキ・ビートといった1980年代のヒットナンバーにのせ、涙と笑いを交えて描く。84年、イギリスで起こった炭鉱労働者によるストライキ。そのニュースを見たマークは仲間たちと募金活動を始めるが、彼らがゲイやレズビアンであることを理由に、その申し出は炭坑組合からことごとく無視されてしまう。唯一受け入れてくれたウェールズ奥地の炭坑町へ向かうマークたちは、炭鉱労働者たちと協力を模索。町の人たちと深い友情で結ばれたマークたちは資金集めのコンサートを企画するが…。

原題:Pride / 製作:イギリス(2014年) / 日本公開日:2015年4月4日 / 上映時間:121分 / 製作会社:BBC Films / 配給:セテラ・インターナショナル

★【スタッフ】
監督:マシュー・ウォーカス
脚本:スティーブン・ベレスフォード
撮影:タト・ラドクリフ
音楽:クリストファー・ナイチンゲール

★【キャスト】
ビル・ナイ、イメルダ・スタウントン、ドミニク・ウェスト、パディ・コンシダイン、ジョージ・マッケイ、リズ・ホワイト、モニカ・ドラン、ヘンリー・ギャレット、カリーナ・フェルナンデス、マシュー・フリン、デニス・バンクス

【無料動画】

『パレードへようこそ』予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
Rotten Tomatoes 92%

第72回ゴールデングローブ賞で映画作品賞(ミュージカル・コメディ部門)にノミネート。

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月15日) 
純粋に素晴らしい映画でした。こんな感動作を見逃していたなんて。LGBTというものを理解してるフリしてできてない今の日本人にも必見の作品です。何がいいかといえば、LGBTの人たちがそういうものに対して一番理解の低いコミュニティと手を組もうとすることです。結局、考えや価値観は違えど、社会の底辺で苦しい思いをしていることには変わりないのですよね。そんな極端に異なる者たちが本当の意味で理解し合う過程を描くのが丁寧で良いです。
OPENLOAD (2016年3月12日) 
サッチャー政権下、社会的に弾圧されていた同性愛者と炭鉱夫。水と油のような彼らが共同体となっていく。ラストのその後の話で、自然と涙がこぼれていた。炭鉱夫たちも同性愛者に偏見があるが、同性愛者たちも炭鉱夫に偏見があって協力して何の役に立つと当初は乗り気ではない。それがここまでの結実を見せているなんて。違うモノほどを手をつなぐべきという、非常に教訓的な物語になっているし、これが学校でも上映すべきだと思う。
STREAMIN (2016年3月18日) 
権利獲得のために民主運動をするとき、一人ひとりの声は小さくても団結する中で声が集まって、大きな力になるんだと感じた。そういう意味ではこれは、LGBTに限らず、あらゆるテーマや社会問題でも通じる基本を象徴しているのだろう。シリアスに偏り過ぎず、ちゃんとユーモアもあるのがいい。中でもおばあちゃんとかがディルドとゲイのエロ本みつけて高校生みたいに爆笑してるシーンは、下ネタだけど、なんて素敵なのだろうか。