トイ・ストーリー2

おもちゃの価値は何?

アンディの部屋のおもちゃ-カウボーイ人形のウッディとスペースレンジャーのバズは、今日も仲間と楽しい時間を過ごしていた。ところがある日、バザーに売りに出されたペンギン人形のウィージーを助けに行ったウッディが、通りすがりの男に盗まれてしまう。ウッディ略奪犯、それはおもちゃ屋のアルという男だった。バズたち仲間は親友の救出を計画、アルのおもちゃ屋に向かう。一方アルのマンションに連れてこられたウッディは、自分がプレミア人形であることを知る。

原題:Toy Story 2 / 製作:アメリカ(1999年) / 日本公開日:2000年3月11日 / 上映時間:92分 / 製作会社:Pixar Animation Studios / 配給:ブエナ・ビスタ / 製作費:9000万ドル / 興行収入:4億9700万ドル / 前作:『トイ・ストーリー』 / 次作:『トイ・ストーリー3

★【スタッフ】
監督:ジョン・ラセター
脚本:アンドリュー・スタントン、リタ・シャオ、ダグ・チャンバーリン、クリス・ウェッブ
撮影:シャロン・キャラハン
音楽:ランディ・ニューマン

★【キャスト(キャラクター)】
トム・ハンクス(ウッディ)、ジョーン・キューザック(ジェシー)、ティム・アレン(バズ・ライトイヤー)、ウォーレン・ショーン(レックス)、ケルシー・グラマー(プロスペクター)、ドン・リックルズ(ミスター・ポテトヘッド)、ジム・ヴァーニー(スリンキー・ドッグ)、ジョン・ラッツェンバーガー(ハム)、アニー・ポッツ(ボー・ピープ)、ジョン・モリス(アンディ)、ウェイン・ナイト(アル)

【無料動画】

トイ・ストーリー2 (吹き替え) – 予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT×】
VOD4【Hulu×】
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket×】
VOD7【dTV×】
VOD8【au-Video×】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2016年1月2日) 
2作目は冒険に溢れ連れ去られたウッディをバズたちが救出しに行く展開が楽しい。ちゃんとエンタメとして進化している。前作では最先端のおもちゃであるバズに嫉妬していたウッディに、まさかのレアグッズとしての価値があると気づく今作。子供はそんなことなど関係なしに楽しくおもちゃで遊ぶのだが、その生活にもいつか終わりが来るのだとはっとさせられるほろ苦さも含まれている。一方で、おもちゃの意味も問いかける深いテーマも潜む。
映画フリー (2016年2月6日) 
ブルズアイに乗ったウッディと並ぶように最高のスピード感で駆け抜けていく見事な脚本。このテンポの完璧さは恐るべきとしか言えない。バズに「君はオモチャだ!」と、ウッディに「無限の彼方まで」と言わせる流れの秀逸さは今尚どのピクサー作品も全く敵わない。博物館へ行くか、アンディの所へ戻るか。永遠の名誉を捨て、アンディの成長を見守る為に家へ帰るウッディ。この選択をおもちゃで見せて感動させるのがどれだけ凄い事か。
CRUNCHYROLL (2016年3月19日) 
老若男女、国を越えて全ての人にオススメしたい作品。1作目が相当面白いとだいたい後は下り坂一方だが、4年の歳月を経て絵のクオリティのみならずストーリーの完成度もアップさせるとは、さすがピクサー。いつかは必ず来るお別れの瞬間を意識させられる、寂しい余韻がちょっとだけ残る映画。よくわかるパロディも随所に配置され笑えるし、それでいてぐっと成長したウッディのポジティブな決断には思わずホロリと涙する。
ピクサー

★【ピクサー制作アニメ映画 を総復習!】

  • 第1作『トイ・ストーリー』(1995年)
  • 第2作『バグズ・ライフ』(1998年)
  • 第3作『トイ・ストーリー2』(1999年)
  • 第4作『モンスターズ・インク』(2001年)
  • 第5作『ファインディング・ニモ』(2003年)
  • 第6作『Mr.インクレディブル』(2004年)
  • 第7作『カーズ』(2006年)
  • 第8作『レミーのおいしいレストラン』(2007年)
  • 第9作『ウォーリー』(2008年)
  • 第10作『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年)
  • 第11作『トイ・ストーリー3』(2010年)
  • 第12作『カーズ2』(2011年)
  • 第13作『メリダとおそろしの森』(2012年)
  • 第14作『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013年)
  • 第15作『インサイド・ヘッド』(2015年)
  • 第16作『アーロと少年』(2015年)
  • 第17作『ファインディング・ドリー』(2016年)
  • 第18作『カーズ クロスロード』(2017年)
  • 第19作『リメンバー・ミー』(2017年)
  • 第20作『インクレディブル・ファミリー』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする