カラスの親指

5人のサギ師(カラス)が挑んだ大勝負

のちに第144回直木賞を受賞した道尾秀介が初めて直木賞候補となった作品で、阿部寛主演で映画化。負けっぱなしの人生を送ってきた2人の詐欺師タケとテツのもとに、ひょんなことから不幸な生い立ちを背負った美人姉妹と1人の青年が転がり込んでくる。5人は家族さながらの共同生活を始め、タケが過去に起こしたある事件をきっかけに、人生の再逆転を狙った一世一代の大勝負に打って出ることになる。

原題:カラスの親指 / 製作:日本(2012年) / 日本公開日:2012年11月23日 / 上映時間:160分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:伊藤匡史
脚本:伊藤匡史
撮影:岡雅一
音楽:林祐介

★【キャスト(キャラクター)】
阿部寛(武沢竹夫)、村上ショージ(入川鉄巳)、石原さとみ(河合やひろ)、能年玲奈(河合まひろ)、小柳友(石屋貫太郎)、鶴見辰吾(ヒグチ)、ベンガル(質屋の店主)、戸次重幸(豚々亭のマスター)、なだぎ武(馬々亭の店員)、古坂大魔王(ノガミ)

【無料動画】

映画『カラスの親指』予告編

映画『カラスの親指』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画FUN (2012年12月10日) 
詐欺師の話ですが、よく出来た話でラストがとても良いです。詐欺師のコンビが若者3人と同居し、自分達を追い込んだ悪い闇金に仕返しする。同居する姉妹は、かつてタケが取り立てで追込んだことが原因で母親は自殺したのだった。姉妹の仇となるタケだが、その事実を伏せて暮らす。家族のような楽しいひと時だったが、タケに復讐する闇金の奴らが家に火を点けたり、猫の死骸を投げ込んだりと、嫌がらせはエスカレートする。見ごたえあり。
●BILIBILI (2012年12月11日) 
衝撃のラストという決まり文句には正直うんざりだが、この作品はそれありきではなく、しっかりそこまでの過程で楽しませる。一致団結し闇金に一泡食わせようと計画を実行。スリル満点のシーンにハラハラドキドキ。すっかり騙された。役者演技も含めて映画表現の楽しさをあらためてこの映画を見れば少し感じ取れるのではないかと思う。それにしても阿部寛は本当にいろいろな役をやっても自分の個性はぶれずに作品に馴染む天才だなとつくづく思う。
●VIDEOEYNY (2012年12月12日) 
最後にドンデン返しがある。ということで色んな予想や期待をして観てしまいましたが、どの予想も正反対に裏切られました! 詐欺師の話でしたが心温まるラストでした。タイトルにも納得いきましたし、まさにハッピーエンド!という感じで素晴らしく良かったです。誰が見ても同じになる様に、同じ様にネタを押しつけられるものだけが映画ではない事を、そして本当は見る側がイメージを膨らませて、それぞれがそれぞれの情感を生み出す発想の勝利。