怒り(2016)

豪華キャスト共演。犯人はあなたなのですか?

吉田修一の原作を映画化した「悪人」で国内外で高い評価を得た李相日監督が、再び吉田原作の小説を豪華キャストで映画化した群像ミステリードラマ。犯人未逮捕の殺人事件から1年後、千葉、東京、沖縄という3つの場所に、それぞれ前歴不詳の男が現れたことから巻き起こるドラマを描いた。東京・八王子で起こった残忍な殺人事件。犯人は現場に「怒」という血文字を残し、顔を整形してどこかへ逃亡した。それから1年後、千葉の漁港で暮らす洋平と娘の愛子の前に田代という青年が現れ、東京で大手企業に勤める優馬は街で直人という青年と知り合い、親の事情で沖縄に転校してきた女子高生・泉は、無人島で田中という男と遭遇するが…。

原題:怒り / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年9月17日 / 上映時間:142分 / 製作会社:東宝映画 / 配給:東宝

【無料動画】

「怒り」予告

(C)2016 映画「怒り」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:李相日(関連作品:『許されざる者』、『悪人』)
脚本:李相日
撮影:笠松則通
音楽:坂本龍一

★【キャスト】
渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、ピエール瀧、三浦貴大、佐久本宝、高畑充希、原日出子、池脇千鶴、宮崎あおい、妻夫木聡

★【雑学(トリビア)】
・妻夫木聡と綾野剛は、役づくりのために一緒に暮らして、風呂まで一緒に入っていた。

★【インタビュー】
・妻夫木聡「僕は親友にゲイがいるので、ゲイの恋愛を日本映画でしっかりと描けたらいいなという気持ちがあったんです」
・森山未來「自分以外のパートがどうなっているのか知らなかったのですが、クライマックスで泣きました」

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
なんといったって贅沢なキャストによる重厚な演技。これだけでお腹いっぱいになれます。ここまでの豪華キャストは後にも先にもないのではないですか。しかも全員、名演技を約束する実力者ばかりじゃないですか。そりゃあもう濃厚な演技合戦の連続でお腹いっぱいになりますよ。すっかり映画を5本くらい見たような気分になりました。しかし、どうやってこれをまとめるのかと思いましたが、ラストは怒涛のように人生を絶望に叩き込んできましたね。
●映画FUN 
かなり重たい話ですが、凄まじい熱演に圧倒され、あっという間の映画体験でした。観客はずっと固唾を飲んで見守ってしまいました。そのかわりかなり精神的に疲労がハンパないです。観終わった後はぐったりしてしまいましたよ。でも、これだけ熱量も多ければ、それは当然のように批評家受けもいいですよね。ちょっと反則です。「怒り」というタイトルが表すように観客さえもその怒りの対象にしてしまうという、恐ろしいドラマにつぶされました。
●BILIBILI
日本は閉鎖的な社会なんだなと痛感しました。田舎はそうだと言われがちですが、都市でも閉鎖性はあります。今作では最終的に無人島のような小さな島にその歪みが集約していくわけですよ。そこにはある人物しかいないのですが、そこにあるのは確かな怒りなのです。どうして向き合わなかったのか、信じないのか、裏切ったのか、それが全ての怒りになってあの島に集まっていく。だとしたらこの作品には被害者なんていらないのかもしれません。