でーれーガールズ

2つの時代、2人の女性の友情を描いた青春ドラマ

1980年と現代という2つの時代を舞台に、2人の女性の友情を描いた青春ドラマ。1980年、東京から岡山に転校してきた佐々岡鮎子。クラスに溶け込めず、大学生ヒデホと自分を主人公にした恋愛マンガを密かに描いていた鮎子だったが、そのマンガをクラスでも目立つ存在で鮎子の憧れでもある秋本武美に見られてしまう。そんな武美が、物語の続きを読みたがり、鮎子のマンガのファンに。彼女たちは友情を深めていく。しかし、ある事件をきっかけに仲違いをしてしまい、それぞれの道を歩むこととなる。それから30年。マンガ家となった鮎子は、母校での講演会のため岡山へやってきた。鮎子はそこで武美と再会し、再び彼女たちの物語が動き始める。

原題:でーれーガールズ / 製作:日本(2015年) / 日本公開日:2015年2月21日 / 上映時間:118分 / 製作会社:「でーれーガールズ」製作委員会 / 配給:メ〜テレ

★【スタッフ】
監督:大九明子
脚本:源孝志
撮影:中村夏葉
音楽:矢野博康

★【キャスト】
優希美青、足立梨花、須賀健太、桃瀬美咲、石崎なつみ

【無料動画】

映画「でーれーガールズ」予告

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月2日) 
2人の女の子の友情がとても良かった。2人とも真っ直ぐな感じで、とても青春映画っぽく、輝いていた。女子の友情あるあるにファンタジーぽいものが絡み、音楽もいいし、小ネタもクスッとできました。甘くもほろ苦い、「子供以上大人未満」の高校時代の友情って、今考えれば他にないです。待ち受ける結末は切ないながらも、ラストの大オチの仕上げ方はとても素晴らしく、2種類の想いが入り交じる様な複雑な涙がいつのまにかこぼれました。
映画フリー (2016年1月6日) 
1980年と現在の岡山を舞台に、ある女子高生たちが育むかけがえのない友情と恋の行方を描いた眩しい作品。青春時代が鮮明に、繊細に描かれていて、何とも言えない切なさがこみ上げてくる実にエモーショナルなドラマです。「ものすごい」を意味する岡山弁「でーれー」を頻繁に使って溶け込もうとする都会っ子が、地方で友情をはぐくみつつ、舞台は大人時代へ。山口百恵さんの「さよならの向こう側」がしばらく頭から離れないです。
BILIBILI (2016年1月9日) 
地域発岡山局製作テレビドラマの域を出ないご当地映画だと思って舐めていたら、完全にそれが油断だと判明した時には遅かった。もう号泣です。演出はコテコテだけど、終盤はたいていの人は泣けると思う。ずっと聴けなかった百恵ちゃんの「さよならの向う側」が最後に流れるのはズルすぎる。あんなの泣かない方が無理。かといってお涙頂戴的なわざとらしさはないし、ドラマの語り方は丁寧で自然。とても不思議でほっこりしたのでした。
OPENLOAD (2016年1月12日) 
冒頭から可愛い。学生時代にノートに漫画ばかりを描いていた人は突き刺さるものがあると思う。登場人物に感情移入できれば、この映画の魅力は1000倍に増加するのです。高校時代とマンガの中と現代のストーリーが上手い具合にリンクされていてフィクションの壁を越えていく。でも、この感覚、青春時代に体験していたのではないでしょうか。名曲の力も存分にあるけど百恵ちゃんがシンクロするラストは、目から水分が零れ落ちる!