アフタースクール

甘くみていると騙されます

多数の映画賞に輝いている内田けんじ監督による新感覚エンターテインメント。30代になった、かつての同級生たちが織り成す“大人の放課後”を、細部まで練り込まれた脚本と巧みな構成で描く。母校の中学校に勤める教師・神野の元に、かつての同級生だと名乗る見覚えのない男が現れる。現在は探偵だという彼は、同じく神野の同級生で親友の木村を探しているという。神野は成り行きから木村の捜索に協力することになってしまい…。

原題:アフタースクール / 製作:日本(2007年) / 日本公開日:2008年5月24日 / 上映時間:102分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

『アフタースクール』 予告篇

『アフタースクール』 予告篇


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT×】
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV×】
VOD8【au-Video×】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:内田けんじ
脚本:内田けんじ
撮影:柴崎幸三
音楽:羽岡佳

★【キャスト】
大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人、田畑智子、常盤貴子、北見敏之、大石吾朗、奥田達士、尾上寛之、桃生亜希子、沼田爆、田村泰二郎、ムロツヨシ、佐藤佐吉、長江英和、山本龍二、久保和明、戯武尊、村岡希美、小林隆斎、藤歩、音尾琢真、中山祐一朗、森田ガンツ、吉武怜朗、五十嵐令子、山本圭、伊武雅刀

★【感想・批評】

●映画フリー
最初のうちは他事をしながらなんとなく観てたのですが、面白くてどんどん引き込まれて行きました。次々と明かされていく真実、どんでん返しにスカッとしつつ、大泉洋演じる中学教師が、ラストで探偵に言い放つ言葉に胸がジーン。サスペンスとハートフルな部分がうまく噛み合った良質の映画でした。どんでん返ししなくても良いところまでひねってくれて、目配せがパーフェクト級で、こういう映画に出会えて嬉しくなるような作りなのでした。
●映画FUN
爽快な映画を見たい人にオススメ! 邦画なんてつまらない? 邦画への偏見をそろそろ捨てないとダメですよ。観客に疑問を与える暇も無くどんどんと事実が明らかになって行く過程は、ともすれば薄っぺらくなりがちですが、作品のテンションを落とさずに突き抜ける心地良さを満喫しました。オチに一本とられてみてください。ハラハラドキドキはありませんが、最後の伏線回収があまりにもしっかりしているので、そこで「やられた!」となるのでした。
●BILIBILI
どんどん真相に迫っていくので、最後まで夢中で見ました。何度もひっくり返るのですが、最後はとてもすっきりします。訳が分からないままに進んで行きますが、それがいい。何にも知らないで鑑賞するのをこの映画以上に勧める映画はありません。予備知識があると、おもしろさは半減してしまいます。最後に大泉洋が佐々木蔵之介に言う言葉は胸に刺さりました。特に学生時代は本当にそうだったなと思います。大泉洋が勝った理由が分かります。
●VIDEOEYNY
面白さに到達するまでがなかなか長かった。だから見続けてほしい。根気強く。そうすればラストには解放感が待っている。散りばめられた伏線を最後に一気に回収する壮快感を狙って作られたというのであれば、それは戦略的に成功しているのかもしれない。大泉洋の言う通り、甘く見てると騙されますね。てきとーに流し見していると、びっくりしましたよ。ネタバレは見ず、予備知識なしで観てほしいと、明確に断言しておくので後悔しないように。