名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)

名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)

シリーズ第15弾。ラスト15分、予測不能

青山剛昌原作コミックの人気アニメーション劇場版15周年作品。12月のある日、再選を果たした朝倉都知事宛にナゾの脅迫状が届く。翌日、開通したばかりの都営新地下鉄のトンネル爆破事件が発生。コナンは朝倉に恨みを抱く者の犯行と疑い、朝倉が国土交通大臣時代に建設したダムの関係者を捜査するため、新潟県に向かう。その矢先、捜査先の雪原で死因不明の遺体が発見され…。

原題:名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター) / 製作:日本(2011年) / 日本公開日:2011年4月16日 / 上映時間:109分 / 製作会社:トムス・エンタテインメント / 配給:東宝 / 前作:『名探偵コナン 天空の難破船』 / 次作:『名探偵コナン 11人目のストライカー』

【無料動画】

名探偵コナン 劇場版 沈黙の15分(クォーター) 劇場予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD8【au-Video×】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:静野孔文
脚本:古内一成
キャラクターデザイン:須藤昌朋
音楽:大野克夫

★【キャスト(キャラクター)】
高山みなみ(江戸川コナン)、山崎和佳奈(毛利蘭)、小山力也(毛利小五郎)、茶風林(目暮警部)、緒方賢一(阿笠博士)、岩居由希子(吉田歩美)、高木渉(小嶋元太)、大谷育江(円谷光彦)、林原めぐみ(灰原哀)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
劇場版「名探偵コナン」シリーズはその点において、「変わり続ける」芸術を追求した作品群である。推理劇に重点を置いたサスペンスを作ったかと思えば、推理はそこそこにスクリーンを意識した大スペクタクルを重視した作品もある。では、本作はどうかといえば、十中八九、後者に属しているだろう。常に振れ幅大きく、変化し続けることを恐れない「コナン」シリーズ。既に決定している次回作は事件重視か、それとも活劇に力を込めるのか。
●映画フリー
「追いかけられる」事を選んだ一人の名探偵の物語は、観客の予想を裏切り続けることを楽しむ難しさに挑み続ける。主人公なんだから当然なんですがおいしいとこは全てもっていってしまったので、コナンがいつも以上に、かっこよくみえました。配信が終わらないうちに全部見てしまったけど、結構クセのある作品になっているのだなと思うほど、個性が作品ごとにあってコンセプトがしっかりしているのですね。そこに気づけただけでも楽しかったかな。
●BILIBILI  
アクションで始まり、アクションで終わるような、とにかくコナンがスケボーやスノボーで走りまくりの動きまくりでした。3Dだったら迫力でて良かったかも。自分としてはハラハラしたし引き込まれて観てしまったので、凄く楽しかったです。でも終わって思い返してみると、コナンの独壇場だった気がする…コナンしか活躍してなかったと思うぐらい他のキャラの印象が弱かったです。これはもう最強キャラになってしまったので致し方ないのですが。
●CRUNCHYROLL
コナンくんはスーパーマンだったんです。いきなり高速道路に仕掛けられた爆弾を発見からのスケボーでの高速道路逆走という荒業を見せる小学生。頭脳は天才なのはわかるけど、筋力も超人になっているのかと思ってしまうほどの暴れ放題。最後の雪崩シーンは無理があるのは仕方ないかなと思うし、そのあとのサッカーボールに笑ってしまった。予測不能というか、人間じゃないです。記念すべき15作品目はネタ映画としては大満足の出来栄えでした。
名探偵コナン

★【劇場版 名探偵コナン を総復習!】

  • 第1作『時計じかけの摩天楼』
  • 第2作『14番目の標的』
  • 第3作『世紀末の魔術師』
  • 第4作『瞳の中の暗殺者』
  • 第5作『天国へのカウントダウン』
  • 第6作『ベイカー街の亡霊』
  • 第7作『迷宮の十字路』
  • 第8作『銀翼の奇術師』
  • 第9作『水平線上の陰謀』
  • 第10作『探偵たちの鎮魂歌』
  • 第11作『紺碧の棺』
  • 第12作『戦慄の楽譜』
  • 第13作『漆黒の追跡者』
  • 第14作『天空の難破船』
  • 第15作『沈黙の15分』
  • 第16作『11人目のストライカー』
  • 第17作『絶海の探偵』
  • 第18作『異次元の狙撃手』
  • 第19作『業火の向日葵』
  • 第20作『純黒の悪夢』
  • 第21作『から紅の恋歌』
  • 第22作『ゼロの執行人』

サイトについて

シェアする

フォローする