愛と誠(2012)

梶原一騎原作のコミックを新たに映画化

1970年代に人気を博し、西城秀樹主演で映画化もされた梶原一騎原作の同名コミックを、「十三人の刺客」「クローズZERO」の三池崇史監督のメガホンで新たに映画化。1972年の新宿。良家の令嬢・早乙女愛は、幼い頃に危機を助けられた少年・太賀誠と運命的な再会を果たす。それは大きな物語の幕開けを意味していた。愛と誠、異なる二人は出会ったことで互いに影響し合う。札付きの不良となっていた誠を更正させようと献身的に尽くす愛は、誠の後を追って不良の掃き溜めといわれる花園実業に転入。誠が心を通わせていく由紀や、愛を追いかけて花園にやってきた優等生の岩清水、スケバングループのガムコら、それぞれの思いが交錯し、やがて学校全体を巻き込んだ大乱闘へと発展していく。

原題:愛と誠 / 製作:日本(2012年) / 日本公開日:2012年6月16日 / 上映時間:134分 / 製作会社: / 配給:角川映画、東映

★【スタッフ】
監督:三池崇史
脚本:宅間孝行
撮影:北信康
音楽:小林武史

★【キャスト】
妻夫木聡、武井咲、斎藤工、大野いと、安藤サクラ、前田健、加藤清史郎、一青窈、余貴美子、伊原剛志、市村正親

【無料動画】

映画『愛と誠』予告編

映画『愛と誠』予告編

(C)2012「愛と誠」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年1月15日) 
梶原一騎がど真面目に描き上げた昭和の劇画世界をこれでもかと脱構築していく、監督のスクラップ&ビルドの才能は相変わらず非常に高い。この人物が職人監督として活躍していくのも頷ける、的確な手さばきである。序盤、昭和歌謡曲による下手ミュージカルの勢いに圧倒されるが、市村・一青のシーンだけ突如オリジナル曲に変貌、中盤になるとミュージカルシーンがぱったりと減少だとか、テイストが徹底されていないユルさも現代的でオカシイ。
SPACEMOV (2016年1月17日) 
実年齢を無視したキャスティングが思いっきりがあって感じがよく、いつも熱演気味の妻夫木聡がここでは軽やかに見えるし、武井咲もぴったりの役どころでフィットしている。いつでも全力の斎藤工もこの映画でコメディに開眼したのではないかと思わせるほどのニュースタイルを見せている。天然お嬢様やガリベン眼鏡、ツンデレスケ番に純愛番長と、昔の大真面目をノリノリにやるこのテンションを今の若い人は受け付けないかもしれない。
STREAMANGO (2016年1月19日) 
終盤はイマイチだし、ラストの一青窈で一気に盛り下がるが、それでもやっぱり超最高のセンスが香ばしい。日本もこんな映画を作れるのかと感心しきり。武井咲のミュージカルシーンは斎藤工の合いの手も相まって最高だし、大野いとや安藤サクラのミュージカルシーンには一つ筋の通ったミュージカル映画として昇華してやろうという気概がビンビンに伝わってきて、思わずそのシークエンスだけ何度もリピートしてみたのは、私の率直な気持ちである。